• 印刷する

オランダ、4党の連立交渉がまたも破談

オランダのルッテ首相率いる中道右派・自由民主党(VVD)などによる連立政権樹立に向けた協議で、新たに連立候補となったキリスト教連合(CU)を加えた4党間の交渉が23日、破談した。下院(定数150)選挙から既に2カ月以上が経過しているが、政権樹立に黄信号がともっている。ブルームバーグが伝えた。

VVDは3月に行われた下院選挙で33議席を確保し第1党に立ったものの、過半数には遠く及ばず他党との連立が必要となった。政策的に近いキリスト教民主同盟(CDA)および民主66党(D66)との連立は確定しているものの、3党合わせても71議席にとどまっており、政権樹立には4党連立が必須となっている。先には、グリーンレフト(GL)との連立交渉を行ったが、より寛大な難民政策を訴えるGLと、移民規制の強化を打ち出す他の3党との溝が埋まらず、決裂。CUは連立政権樹立に向けた「最後の選択肢」とみられていたが、より保守色の強いCUと、政策面で折り合わなかった。

なお、議会第2党で移民排斥やEU離脱を訴える極右・自由党(PVV)はかねて、連立政権への参加に意欲を見せているが、VVDはPVVとの連立は完全否定している。

オランダではこれまでも連立交渉をまとめるのに平均3カ月かかっており、過去最長記録は1977年の208日。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

化学アクゾノーベル、第3四半期は36%増益(10/22)

オランダ、コロナ規則違反の取り締まり強化(10/21)

オランダの飲食店、営業規制巡り集団訴訟へ(10/21)

NEC、オランダでオープンRAN技術試験(10/21)

フィリップス、第3四半期は32%増益(10/20)

ハイネケン、パブ経営者への不当圧力で罰金(10/20)

BMW、オランダのVDL工場で生産停止へ(10/19)

KPN、5G通信網刷新をエリクソンに発注(10/16)

オランダ、飲食店閉鎖など一部規制を再導入(10/15)

財閥LT、ハイネケンとの合弁体制変更(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン