ボルボ、インドのEV市場拡大に期待

中国の自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の高級車メーカー、ボルボ・カー・コーポレーション(ボルボ・カーズ、スウェーデン)のホーカン・サムエルソン最高経営責任者(CEO)は、インドの電気自動車(EV)市場は有望との認識を示した。ファイナンシャル・エクスプレス電子版が伝えた。

ボルボは、2019年にEVの販売を開始する予定。サムエルソン氏は、インドでは新技術への関心が極めて高く、特にIT(情報技術)分野での導入が急速に進んでいると指摘した上で、自動車の動力源に関しても同じことが起きるとの見方を示した。一方、課題としてはインフラの整備を挙げている。

ボルボは、子会社のボルボ・オート・インディアを通じて2007年からインドで販売を開始。年間で1,500台程度を販売している。向こう2~3年で3,000台に倍増することを目標に掲げる。先には、年内に南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)で、スポーツタイプ多目的車(SUV)の現地生産を始める計画を明らかにしている。【NNAインド】


関連国・地域: インド欧州スウェーデンアジア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

重電ABB、エルステッドから大型受注(07/12)

ルーマニア、年内に5G戦略公表へ(07/12)

EUの人口、5億1300万人に拡大(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

三菱重工、独社と輸送冷凍機の欧州販売合弁(07/12)

SKF、ポルトガル鉄道から軸受けを受注(07/11)

ボルボ、印の上半期販売台数は過去最高(07/10)

自動車照明ヘラー、卸売事業の一部を売却(07/10)

家具イケア、エジプト2号店を開設へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン