• 印刷する

スペイン最大野党、サンチェス氏が党首返り咲き

昨年10月にスペインの最大野党・社会労働党(PSOE)の幹事長を退任したペドロ・サンチェス氏(45)が21日、党首の座に返り咲いた。同氏は現政権に厳しい姿勢をとっており、ラホイ首相への風当たりは厳しくなりそうだ。ブルームバーグなどが伝えた。

サンチェス氏は全党員の50%にあたる6万7,500票余りを獲得し再選。対立候補であるアンダルシア自治州政府のスサナ・ディアス首相の獲得票は5万4,500票と40%にとどまった。6月17日に開催される党大会で正式に党首に就任する。

サンチェス氏は昨年10月、ラホイ氏の首相信任投票に反対票を投じ、同氏の組閣を阻んできた。しかし、最大野党として組閣を容認し、時節を待つべきとする党内の声が強まり、辞表を提出する事態に発展していた。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

小売りアルカディア、23店舗の閉鎖を検討(05/24)

ビュログ、ルノーとカーシェア車両共同生産(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

アウルビス、リサイクルのメタロを買収(05/24)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

サイペム、中東とノルウェーでEPC受注(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン