• 印刷する

スペイン最大野党、サンチェス氏が党首返り咲き

昨年10月にスペインの最大野党・社会労働党(PSOE)の幹事長を退任したペドロ・サンチェス氏(45)が21日、党首の座に返り咲いた。同氏は現政権に厳しい姿勢をとっており、ラホイ首相への風当たりは厳しくなりそうだ。ブルームバーグなどが伝えた。

サンチェス氏は全党員の50%にあたる6万7,500票余りを獲得し再選。対立候補であるアンダルシア自治州政府のスサナ・ディアス首相の獲得票は5万4,500票と40%にとどまった。6月17日に開催される党大会で正式に党首に就任する。

サンチェス氏は昨年10月、ラホイ氏の首相信任投票に反対票を投じ、同氏の組閣を阻んできた。しかし、最大野党として組閣を容認し、時節を待つべきとする党内の声が強まり、辞表を提出する事態に発展していた。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

自動車セアト、生産縮小を来年まで延長へ(09/17)

スペイン電力業界、価格引き下げ策に反発(09/17)

インディテックス、上半期は黒字回復(09/16)

スペイン、エネルギー価格引き下げ策導入へ(09/15)

NEC、スペイン社とオープンRAN導入へ(09/15)

双日、スペインの電力小売事業に参入(09/14)

スペイン南部の森林火災、6日目に(09/14)

バルセロナ空港拡張、環境破壊問題で保留に(09/13)

住友商事、ボタシュと船舶用LNG供給提携(09/09)

当局、豪社のナトゥルジー株取得計画を承認(09/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン