独国民の大半、完全なキャッシュレス社会望まず

ドイツ国民の大多数は、完全なキャッシュレス社会を望んでいない――。こうした傾向が、オランダの金融大手INGグループが行った調査で明らかになった。

調査は欧州13カ国に米国、オーストラリアを加えた計15カ国を対象に実施。現金を使用しなくなることは絶対にないと回答した人は、ドイツで84%に達し、欧州13カ国平均の76%を大きく上回った。

現金を頻繁に持ち歩く人の割合が高かったのはやはりドイツで90%に上った。一方、最も少ないのはフランスで65%。欧州13カ国の平均は79%だった。所持金額はドイツが平均63ユーロで、欧州平均の52ユーロを上回った。

INGは結果について、ドイツ人が現金以外の支払い方法に対して懐疑的であることを反映していると分析する。キャッシュレスの支払いが安全または非常に安全であると考えるドイツ人は50%以下にとどまった一方、現金は非常に安全であると考える人は77%に上っている。


関連国・地域: ドイツEUオランダアジア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

トールコレクト、工期遅れ巡り政府と和解(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン