独国民の大半、完全なキャッシュレス社会望まず

ドイツ国民の大多数は、完全なキャッシュレス社会を望んでいない――。こうした傾向が、オランダの金融大手INGグループが行った調査で明らかになった。

調査は欧州13カ国に米国、オーストラリアを加えた計15カ国を対象に実施。現金を使用しなくなることは絶対にないと回答した人は、ドイツで84%に達し、欧州13カ国平均の76%を大きく上回った。

現金を頻繁に持ち歩く人の割合が高かったのはやはりドイツで90%に上った。一方、最も少ないのはフランスで65%。欧州13カ国の平均は79%だった。所持金額はドイツが平均63ユーロで、欧州平均の52ユーロを上回った。

INGは結果について、ドイツ人が現金以外の支払い方法に対して懐疑的であることを反映していると分析する。キャッシュレスの支払いが安全または非常に安全であると考えるドイツ人は50%以下にとどまった一方、現金は非常に安全であると考える人は77%に上っている。


関連国・地域: ドイツEUオランダアジア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン