チューリッヒ保険、請求審査にAIを活用

スイスの保険大手チューリッヒ・インシュアランス・グループは、傷害保険の請求審査で人工知能(AI)の活用を開始した。試験展開の結果、1件当たりの処理スピードは1時間からわずか5秒に短縮されたという。トム・デ・スワーン会長の話として、ロイター通信が伝えた。

同社は3月に医療記録などの審査にAIを導入。これにより4万時間分の労働時間が節約できたとしている。またAIの学習機能により、処理を重ねるごとに審査の精度も向上しているという。こうした成果を踏まえ、デ・スワーン会長はAIの活用拡大に強い意欲を示している。

保険業界ではこのところ、ビッグデータやAIを業務に役立てる動きが加速。富国生命保険が今年1月から審査担当者34人分の作業をAIに置き換え、年間1億4,000万円相当の人件費を節約した。また英アビバも現在、AIの導入を検討している。


関連国・地域: 英国スイスアジア
関連業種: IT・通信医療・薬品金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

スイスのABB、産業用ロボットの販売強化(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

ネスレ、NZのあめブランドを売却(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ノバルティス、米の抗菌研究拠点を閉鎖へ(07/13)

ネスレ、ベトナムで「マギー」の魚醤発売(07/13)

オーバイクが破綻、欧州で自転車置き去りに(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

重電ABB、エルステッドから大型受注(07/12)

リヒター、米国市場の不妊治療薬の権利取得(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン