• 印刷する

テクノロジー企業に最適な欧州都市はロンドン

欧州で最もテクノロジー企業に適した都市はロンドン――。英不動産大手サビルズの最新調査でこうした事実が明らかになった。テクノロジー企業に有利なビジネス環境に加え、人材を引き付ける世界的な文化・商業都市としての魅力も評価された。2位にはアムステルダムが付けている。

サビルズは、テクノロジー企業が集まる世界の22都市を対象に、◇資金調達やスタートアップ企業設立の容易さといったビジネス環境◇テクノロジー産業の規模やインフラなどの技術環境◇都市の賑わいや生活費といった生活環境◇人材の豊富さ◇不動産コスト――の5項目に基づくランキングを割り出した。それによると、ロンドンは世界でも4位に付けている。

アムステルダムはビジネス環境と質の高い生活環境が順位を押し上げ、世界で5位に入った。欧州ではこれにコペンハーゲン(7位)、ベルリン(9位)、ストックホルム(11位)、ダブリン(12位)が続く。

ランキングの世界首位は米テキサス州オースティンだった。2位はシリコンバレーを擁するサンフランシスコ、3位はニューヨークと、米国の都市が上位を独占した。なお、東京は22都市中18位にとどまった。ビジネス環境と生活環境は高く評価されたものの、不動産コストと人材の豊富さで下位に甘んじている。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEUアイルランドスウェーデンデンマークモナコアジア欧州
関連業種: 建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・エネルギーTODAY>第29回 EU電力市場改革で「能動的消費者」出現も(01/18)

ブルガリアのインフレ率、2.7%に減速(01/18)

首相、国境検査巡る極秘計画を否定(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

メイ首相、EU離脱巡り野党と協議(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ユーロ圏インフレ率、12月は1.6%=改定値(01/18)

ユーロ圏建設業生産、11月は0.1%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン