自動車フィアット、インドで輸出を強化

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、インドからの輸出事業に力を入れている。向こう数カ月で、「ジープ」ブランドの小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「コンパス」を英国や日本、豪州、南アフリカに輸出する計画。インド国内の販売が苦戦する中、新たな収益源を確保する。ビジネス・スタンダード(電子版)が伝えた。

現地法人フィアット・インディア・オートモービルズのケビン・フリン社長は、「輸出はインド法人にとって重要戦略」と強調。現地調達率を高めて、価格競争力をつけると述べた。同社は西部マハラシュトラ州のランジャンガオンで工場を操業している。

インド自動車工業会(SIAM)によると、フィアットの2016/17年度の販売台数は、前年度比32.2%減の5,665台だった。シェアはわずか0.2%と苦戦している。【NNAインド】


関連国・地域: インド日本米国欧州イタリアアジア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

伊メディアセット、EIタワーズにTOB(07/19)

コーヒーのイリー、JABやネスレが関心(07/19)

日立、ミラノ地下鉄向け車両72両を追加受注(07/18)

モンテ・パスキ、不良債権証券化で国家保証(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

伊政府、500億ユーロの追加投資計画を提案(07/17)

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン