• 印刷する

EU域内の食品廃棄量、最多はオランダ

欧州連合(EU)域内で、食品廃棄量が最も多いのはオランダ――。こうした事実が、欧州議会が15日発表した報告書で明らかになった。

それによると、EUの2012年の食品廃棄量は推定8,800万トンと、市民1人当たり173キログラムの食品を廃棄していることが分かった。うち53%は家庭からの破棄で、食品加工過程(19%)や飲食業界(12%)における廃棄量を大きく上回っている。

2010年の食品廃棄量を国別に見ると、オランダは国民1人当たり541キログラムと、2位のベルギー(345キログラム)に大差をつけて首位。このほか、キプロス(327キログラム)、エストニア(265キログラム)、ポーランド(247キログラム)、英国(236キログラム)も多かった。

一方、国民1人当たりの食品廃棄量が最も少ないのはスロベニアで72キログラム。ルーマニアとマルタ(ともに76キログラム)やギリシャ(80キログラム)、チェコ(81キログラム)なども廃棄量が少なかった。

なお、世界全体を見ると、食品の年間廃棄量はおよそ13億トンに上り、全体の約3分の1が廃棄されている計算となる。国際連合食糧農業機関(FAO)によると、食品1キログラムの生産に伴う二酸化炭素(CO2)排気量は約4.5キログラムで、うち食品廃棄に伴う排気量は、人間由来の排気量全体のおよそ8%に及ぶ。EUに限ると、食品破棄によるCO2排気量は年間1億7,000万トン。欧州議会は現在、2030年までに食品廃棄量を半減するための施策に取り組んでいる。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: 英国EUベルギーギリシャマルタオランダキプロスポーランドチェコルーマニアエストニア
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・エネルギーTODAY>第29回 EU電力市場改革で「能動的消費者」出現も(01/18)

ブルガリアのインフレ率、2.7%に減速(01/18)

首相、国境検査巡る極秘計画を否定(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

メイ首相、EU離脱巡り野党と協議(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ユーロ圏インフレ率、12月は1.6%=改定値(01/18)

ユーロ圏建設業生産、11月は0.1%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン