• 印刷する

チェコのソボトカ首相、新財務相候補を却下

チェコのソボトカ首相は、バビシュ財務相の後任候補として連立与党「ANO2011」が指名した財務省のアレーナ・シレロバ次官を却下した。シレロバ氏がバビシュ氏の側近であることが理由。ロイター通信が15日伝えた。

ソボトカ首相はかねて、ANOの党首でもあるバビシュ財務相と対立していたが、バビシュ氏の税金問題などの解明が長期化する中、同氏を閣内から外す意向を固めた。バビシュ氏は疑惑については否定しているものの、自身の後任をANOから選ぶことを条件に、退陣を承諾した。バビシュ氏はシレロバ氏の擁立が否定されたことを受け、今週中にも新たな候補者を指名する考えだ。

チェコでは、10月20~21日に下院(定数200)選挙が予定されている。ソボトカ首相は先に、総選挙を前に、内閣総辞職に踏み切り、バビシュ氏を外した上で自ら率いる与党・チェコ社会民主党(CSSD)と、ANOおよびキリスト教民主連合の3党での再組閣を計画していたが、自身の決定が個人的な動機によるものと受け取られかねないとしてこれを見送り、バビシュ氏のみを解任する方針に転じた。

バビシュ財務相は農業化学をはじめ新聞やラジオも手掛けるアグロフェルト(Agrofert)・グループを保有。免税公債の利用や自身の会社に対する欧州連合(EU)からの補助金の正当性などが問題視されている。


関連国・地域: EUチェコ
関連業種: 化学農林・水産メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

チェコ男性のビール消費量、過去14年で最低(11/19)

チェコGDP、第3四半期は2.3%増加(11/16)

チェコ連立与党、最低賃金引き上げ合意(11/16)

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

プラハ市、海賊党中心の連立与党が正式発足(11/14)

チェコ失業率、10月は2.8%に改善(11/12)

チェコのインフレ率、10月は2.2%に減速(11/12)

ポーランド新車登録台数、10月は1.5%減少(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン