チェコのソボトカ首相、新財務相候補を却下

チェコのソボトカ首相は、バビシュ財務相の後任候補として連立与党「ANO2011」が指名した財務省のアレーナ・シレロバ次官を却下した。シレロバ氏がバビシュ氏の側近であることが理由。ロイター通信が15日伝えた。

ソボトカ首相はかねて、ANOの党首でもあるバビシュ財務相と対立していたが、バビシュ氏の税金問題などの解明が長期化する中、同氏を閣内から外す意向を固めた。バビシュ氏は疑惑については否定しているものの、自身の後任をANOから選ぶことを条件に、退陣を承諾した。バビシュ氏はシレロバ氏の擁立が否定されたことを受け、今週中にも新たな候補者を指名する考えだ。

チェコでは、10月20~21日に下院(定数200)選挙が予定されている。ソボトカ首相は先に、総選挙を前に、内閣総辞職に踏み切り、バビシュ氏を外した上で自ら率いる与党・チェコ社会民主党(CSSD)と、ANOおよびキリスト教民主連合の3党での再組閣を計画していたが、自身の決定が個人的な動機によるものと受け取られかねないとしてこれを見送り、バビシュ氏のみを解任する方針に転じた。

バビシュ財務相は農業化学をはじめ新聞やラジオも手掛けるアグロフェルト(Agrofert)・グループを保有。免税公債の利用や自身の会社に対する欧州連合(EU)からの補助金の正当性などが問題視されている。


関連国・地域: EUチェコ
関連業種: 化学・石化農林・水産マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

PKNオルレン、ウニペトロル残り株取得へ(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

鉄道車両シュコダ、トランステック全株取得(05/23)

チェコ、ウクライナ人の雇用手続き簡素化へ(05/23)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

ホームクレジットの越法人、米社が初格付け(05/21)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン