ドイツで海外初の「マツダミュージアム」が開館

マツダは13日、ドイツ南部アウグスブルク(Augsburg)に海外で初めてとなる「マツダミュージアム」をオープンした。広島市の本社内に続き2カ所目で、計45台を展示する。

新たなミュージアムは、マツダのドイツ子会社と地元ディーラーのオートフレイ(Auto Frey)の協力を得て実現したプロジェクト。展示モデルには、1960年に投入した初の量産乗用車「R360クーペ」のほか、世界に先駆けてロータリーエンジンを搭載した量産車「コスモスポーツ」などが含まれる。今後、定期的に入れ替えを行うという。

同ミュージアムは、1897年建設の路面電車の車両基地を改修したもので、イベント会場やレストラン、ギフトショップなどを備える。

オートフレイは1978年からマツダの販売を手掛け、アウグスブルクに3店舗を擁する。[日本企業の動向]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料商業・サービス建設・不動産運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン