• 印刷する

ドイツで海外初の「マツダミュージアム」が開館

マツダは13日、ドイツ南部アウグスブルク(Augsburg)に海外で初めてとなる「マツダミュージアム」をオープンした。広島市の本社内に続き2カ所目で、計45台を展示する。

新たなミュージアムは、マツダのドイツ子会社と地元ディーラーのオートフレイ(Auto Frey)の協力を得て実現したプロジェクト。展示モデルには、1960年に投入した初の量産乗用車「R360クーペ」のほか、世界に先駆けてロータリーエンジンを搭載した量産車「コスモスポーツ」などが含まれる。今後、定期的に入れ替えを行うという。

同ミュージアムは、1897年建設の路面電車の車両基地を改修したもので、イベント会場やレストラン、ギフトショップなどを備える。

オートフレイは1978年からマツダの販売を手掛け、アウグスブルクに3店舗を擁する。[日本企業の動向]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料建設・不動産運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

ダイムラー、1.5万人削減も 労組との協議難航の恐れ(07/14)

独イノジー、ハンガリー社がチェコ事業取得(07/14)

VW、ソフトウエア事業のトップ交代か(07/14)

新型コロナワクチン、独接種希望は6割のみ(07/14)

台湾社、ヘンケルの米金属基板事業を買収(07/14)

独政府、豚コレラ阻止で国境の電気柵増設(07/14)

シーメンス、株主が電力部門の分離を承認(07/13)

シェアナウ、ハンガリーで法人サービス開始(07/13)

独検察、資金洗浄疑惑でワイヤーカード捜査(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン