• 印刷する

米グーグル、露当局に770万ドルの罰金支払い

露連邦反独占庁(FAS)は12日、米インターネット検索エンジン大手グーグルが約4億3,800万ルーブル(770万ドル)の罰金を支払ったと発表した。FASは同社が自社のOS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載した端末のメーカーに検索・販売アプリ「グーグルプレイ」などの事前インストールを義務付けていたことが独占禁止法違反に当たるとして、4月に罰金を科していた。

罰金はグーグルとの和解に基づくもので、同社のロシアにおける2014年の携帯電話アプリ売上高の9%に相当する。和解内容には他に、グーグルが「アンドロイド」携帯端末で競合の検索エンジンやアプリの事前インストールを可能にすることや、自社の検索エンジンのデフォルト設定を強要せず、ユーザーが基本設定を他社の検索エンジンに自由に変更できるツールを提供することなどが含まれている。

FASは2015年2月、検索エンジンでロシア最大手のヤンデックス(Yandex)の苦情に基づきこの件の調査を開始。同年9月にグーグルの行為を違法とする見解を示した。同社はこれに異議を申し立てたが、モスクワ地区仲裁裁判所がFASの立場を支持したため、今年4月に罰金支払いを含む和解案で合意していた。

なおFASは昨年11月、グーグルの米本社とアイルランド子会社に命令順守違反でそれぞれ50万ルーブルの罰金も科したが、こちらの支払いはまだ行われていない。


関連国・地域: アイルランドロシア米国
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

露下院、インターネット遮断法案を可決(04/18)

米シスコ、クラクフ支店への投資拡大へ(04/18)

モスクワーサンクトペテルブルクに高速鉄道(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

米下院、ドイツ銀に召喚状 トランプ大統領の財務記録巡り(04/17)

ロスアトム、アックユ原発の権益49%売却へ(04/17)

米ビザ、露小売店で現金引き出しの試験展開(04/17)

EU、新ガス導管に2億ユーロの助成金拠出(04/17)

ルスアル、米社と合弁設立へ=制裁解除後初(04/16)

高級車アウルス、アジア進出を計画(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン