シティーマッパー、ロンドンでスマートバス試験

路線案内アプリの「シティーマッパー」が2日間にわたり、ロンドン中心部で無料の「スマートバス」の試験運行を行った。このサービスはロンドン交通局(TfL)との共同運行で、既存のバス路線とバス停を使用し、テムズ川の北岸ブラックフライアーズから南岸ウォータールーを結ぶ循環路線を走った。

今回の試験運行で使われたバスは、ダブルデッカー(2階建てバス)よりも小さな30人乗り。渋滞が深刻なロンドン中心部での機動性を重視したもので、各座席にはスマートフォンを充電できるUSBアダプタも完備した。前方のモニターに表示される地図では、バスがどこを走っているのか、次のバス停はどこかを確認できる。アプリとも連動しており、到着予定時刻なども分かる。

今回収集された運行状況や乗客数といったデータは、アプリの改善に使用される。また、シティマッパーはこれまで蓄積したデータを元に、公共交通機関のサービスが充実していない地域を割り出し、独自のバスを運行することも検討している。


関連国・地域: 英国
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ソニー、EMIを子会社化 ムバダラの保有株60%を取得(05/23)

航空IAG、NASに3度目の買収提案(05/23)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

バークレイズ、カタール融資問題で公訴棄却(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

財政収支、4月は赤字縮小(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

M&S、2022年までに国内100店舗超を閉鎖(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン