• 印刷する

ミッテルレーナー墺副首相が辞任=クルツ氏登板

オーストリアの連立政権に参加する保守系・国民党(OVP)のミッテルレーナー副首相(61)が10日、辞任する意向を表明した。OVP内の権力闘争が原因としており、党首の座も降りる方針。党首の後任には、かねて頭角を現していたクルツ欧州・国際関係相(30)が就任するとみられている。AFP通信が伝えた。

OVPは、ケルン首相率いる社会民主党(SPO)と大連立を組む。ミッテルレーナー副首相の辞意表明を受け連立崩壊を危惧する声も上がっていたが、ケルン首相は「オーストリアの改革を進めるため、OVPおよびクルツ氏とパートナーシップを組みたい」と表明している。

ミッテルレーナー氏は辞意表明の記者会見で、「党内の反対派に対処しながら政府の任務を遂行するのは不可能」とコメント。「他の誰かが時機や状況を見極める間、場所取り役を務めるつもりはない」と、クルツ氏への不満をほのめかした。

オーストリアでは2018年後半に総選挙が予定されているが、OVPの支持率は連立相手のSPOや反移民を掲げる極右の自由党(FPO)を下回っている。若手で人気の高いクルツ氏はそんなOVPにとって期待の星となっている。同国では昨年12月の大統領選で緑の党出身の無所属アレクサンダー・ファンデアベレン氏がFPOのノルベルト・ホーファー代表を下して当選。戦後初めて、二大政党から支持を受けなかった候補者が大統領選で勝利する格好となり、SPO、OVP共に危機感を募らせている。


関連国・地域: オーストリア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、AMSのオスラム買収を無条件承認(07/08)

ルフトハンザ、管理職2割削減 コロナ対応の再編で23年までに(07/08)

オーストリア、西バルカンへの渡航自粛要請(07/03)

オーストリア、7月からEV購入助成を増額(07/01)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

バイエルン州など、封鎖都市からの訪問拒否(06/26)

航空レベル・ヨーロッパ、破産手続き申請(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン