• 印刷する

ノルウェーのヤラ、世界初の自動電動船舶を建造

窒素肥料で世界最大手のヤラ・インターナショナル(ノルウェー)は10日、防衛大手コングスベルグ(Kongsberg)・グループと手を組み、世界初の自動航行貨物船を建造する計画を明らかにした。100%電動の船舶で、来年後半の運航開始を予定している。

新型貨物船「ヤラ・ビルケランド(Birkeland)」は、ヤラの創業者クリスチャン・ビルケランド氏の名前にちなむ。ノルウェー南部ポルシュグルン(Porsgrunn)からブレビク(Brevik)やラルビク(Larvik)への製品の運搬に用いる計画。これにより年間4万台分のトラック輸送が不要となり、二酸化炭素(CO2)排出量を678トン削減できる見通しだ。まずは有人で運航し、2019年に遠隔操作、2020年には完全自動運転に移行するという。

ノルウェーでは昨年9月、無人船舶の開発に向けた取り組みが始まり、中部のトロンハイム(Tronheim)・フィヨルドとグリーンランドに試験ゾーンが設けられている。[環境ニュース] 


関連国・地域: ノルウェー
関連業種: その他製造運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ノルデア銀とDNB、バルト諸国事業を売却(09/14)

イネオス、スコットランドのプラント拡張へ(09/13)

ポーランド、1千万kWの洋上風力新設も(09/12)

格安航空3社の輸送実績、8月も好調(09/07)

欧州の人気赴任先、首位はポルトガル(09/07)

ノルウェーの男性閣僚2人、家庭優先で辞任(09/03)

エクイノール、浮体式洋上風力発電を検討(08/30)

イケア、ノルウェーの市街地型店舗を閉鎖(08/30)

出光、ノルウェーで風力発電プロジェクト(08/30)

SAS、冬季の運航計画から1500便を削減(08/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン