• 印刷する

ノルウェーのヤラ、世界初の自動電動船舶を建造

窒素肥料で世界最大手のヤラ・インターナショナル(ノルウェー)は10日、防衛大手コングスベルグ(Kongsberg)・グループと手を組み、世界初の自動航行貨物船を建造する計画を明らかにした。100%電動の船舶で、来年後半の運航開始を予定している。

新型貨物船「ヤラ・ビルケランド(Birkeland)」は、ヤラの創業者クリスチャン・ビルケランド氏の名前にちなむ。ノルウェー南部ポルシュグルン(Porsgrunn)からブレビク(Brevik)やラルビク(Larvik)への製品の運搬に用いる計画。これにより年間4万台分のトラック輸送が不要となり、二酸化炭素(CO2)排出量を678トン削減できる見通しだ。まずは有人で運航し、2019年に遠隔操作、2020年には完全自動運転に移行するという。

ノルウェーでは昨年9月、無人船舶の開発に向けた取り組みが始まり、中部のトロンハイム(Tronheim)・フィヨルドとグリーンランドに試験ゾーンが設けられている。[環境ニュース] 


関連国・地域: ノルウェー
関連業種: その他製造運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

メルセデス、国内工場の炭素中立化へ(12/13)

A・シュプリンガー、広告事業の分離検討か(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

石油エクイノール、英フェローと資産交換(12/06)

北欧のイノベ団体、香港に拠点開設(12/06)

NAS、ロンドン―リオ直行便を就航へ(11/29)

EU、WTO改革案を公表=米の脱退阻止へ(11/29)

武田薬品、肺がん治療剤を欧州委が承認(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン