• 印刷する

ノルウェーのヤラ、世界初の自動電動船舶を建造

窒素肥料で世界最大手のヤラ・インターナショナル(ノルウェー)は10日、防衛大手コングスベルグ(Kongsberg)・グループと手を組み、世界初の自動航行貨物船を建造する計画を明らかにした。100%電動の船舶で、来年後半の運航開始を予定している。

新型貨物船「ヤラ・ビルケランド(Birkeland)」は、ヤラの創業者クリスチャン・ビルケランド氏の名前にちなむ。ノルウェー南部ポルシュグルン(Porsgrunn)からブレビク(Brevik)やラルビク(Larvik)への製品の運搬に用いる計画。これにより年間4万台分のトラック輸送が不要となり、二酸化炭素(CO2)排出量を678トン削減できる見通しだ。まずは有人で運航し、2019年に遠隔操作、2020年には完全自動運転に移行するという。

ノルウェーでは昨年9月、無人船舶の開発に向けた取り組みが始まり、中部のトロンハイム(Tronheim)・フィヨルドとグリーンランドに試験ゾーンが設けられている。[環境ニュース] 


関連国・地域: ノルウェー
関連業種: その他製造運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

エアバスとNAS、発注取り消し条件で合意(02/26)

エアバス、航空NASが88機発注取り消しも(02/25)

ノルウェー3社、グリーンアンモニア計画(02/22)

オスロ市、公園に人工スキー場を開設(02/17)

ノルウェーGDP、20年は2.5%縮小(02/15)

エクイノール、オホーツク海探査中止で損失(02/12)

新興航空フライヤー、オスロでIPO計画(02/12)

スタットクラフト、EV充電社を買収(02/11)

石油エクイノール、第4四半期は79%減益(02/11)

ノルスク・ヒドロ、ブラジルの汚染巡り訴訟(02/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン