• 印刷する

ノルウェー、「狂牛病」トナカイ2千頭を殺処分

ノルウェー政府は8日、シカ科動物の伝達性海綿状脳症(TSE)である慢性消耗病(CWD)の拡大を予防するため、トナカイ約2,000頭を殺処分することを決定した。AFP通信が伝えた。

TSEは「異常型プリオン」が病原体とされ、感染すると脳がスポンジ状になり、体重が減少したり、死に至ることもある。1967年に米国コロラド州で初めて確認され、これまでに米国、カナダ及び韓国で発生しているが、欧州では昨年ノルウェーで初めて感染が確認された。ヒトへの感染報告例はない。

殺処分となるのは、感染した個体が発見された南西部ノールフィエラ(Nordfjella)山岳地帯に生息する2,000~2,200頭。ノルウェー農業・食料省によると、この群れは同国に生息する野生トナカイの6%にあたる。2018年5月1日までに全頭を処分するという。

北欧諸国では、トナカイ肉は食用として人気があり、特にクリスマスの家庭料理によく用いられる。


関連国・地域: ノルウェー米国カナダ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、ショスCEOが辞任(07/12)

エクイノール、ルンディンの持ち株売却(07/09)

資源リオのアルミ資産、3社が取得に関心も(07/08)

ノルウェー新車販売、上半期はEVが5割弱(07/03)

ヤラ、産業窒素事業のIPO実施も(06/27)

イケア、英南部で低価格住宅を建設へ(06/27)

欧州での難民申請、1~5月は11%増加(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン