• 印刷する

シャンパンの仏テタンジェ、英国で生産へ

仏シャンパン大手テタンジェ(Taittinger)が、英国でスパークリングワインの生産を開始する。同社はこのほど英イングランド南部ケント州でブドウの作付けを開始。ワイン人気の高まる英国で、初の国外生産に乗り出した。ガーディアンが8日伝えた。

ブドウの栽培地に選ばれたのは、イングランド南東部ケント州チラハム(Chilham)の農地。海抜が低く南向きで風当たりが弱く、土壌が石灰質である点が、同社の条件に最も合致していた。栽培地の候補には、南部のサセックス州やハンプシャー州も挙がっていた。

同社はまず20ヘクタールにシャルドネ、ピノノワール、ピノムニエの3品種を作付け。向こう2、3年に作付面積を約40ヘクタールに拡大し、最終的に年間30万本のスパークリングワインを生産する計画だ。2023年の初出荷を予定している。

英国では近年、ワイン需要の高まりを背景に国産ワインの生産が活発化している。テタンジェのピエールエマニュエル・テタンジェ社長は「英国産スパークリングワインの品質には深く感心している」とコメント。「ケント州の農地の特質はシャンパーニュ地方と極めて似ており、現地生産は当社にとって自然な一歩」と話している。

テタンジェは仏北部ランス(Reims)にある1734年創業の老舗ワイン農園で、シャンパンの「コント・ド・シャンパーニュ(Compte de Champagne)」で知られる。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

英、グリーン投資サミット開催 排出量ゼロ化へ計97億ポンド確保(10/20)

英政府、EV補助含む排出ゼロ戦略を発表(10/20)

英政府、家庭暖房の低炭素化に4.5億ポンド(10/20)

デルタ株の進化系、感染力はデルタ以上か(10/20)

英当局、ヒースロー使用料引き上げ案を提示(10/20)

クラーナ、英国で即時の全額決済を追加(10/20)

ウェールズ、独立検討の憲法委員会を新設(10/20)

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

英でEV部品生産に投資 フォード、販売目標達成に前進(10/19)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン