• 印刷する

シャンパンの仏テタンジェ、英国で生産へ

仏シャンパン大手テタンジェ(Taittinger)が、英国でスパークリングワインの生産を開始する。同社はこのほど英イングランド南部ケント州でブドウの作付けを開始。ワイン人気の高まる英国で、初の国外生産に乗り出した。ガーディアンが8日伝えた。

ブドウの栽培地に選ばれたのは、イングランド南東部ケント州チラハム(Chilham)の農地。海抜が低く南向きで風当たりが弱く、土壌が石灰質である点が、同社の条件に最も合致していた。栽培地の候補には、南部のサセックス州やハンプシャー州も挙がっていた。

同社はまず20ヘクタールにシャルドネ、ピノノワール、ピノムニエの3品種を作付け。向こう2、3年に作付面積を約40ヘクタールに拡大し、最終的に年間30万本のスパークリングワインを生産する計画だ。2023年の初出荷を予定している。

英国では近年、ワイン需要の高まりを背景に国産ワインの生産が活発化している。テタンジェのピエールエマニュエル・テタンジェ社長は「英国産スパークリングワインの品質には深く感心している」とコメント。「ケント州の農地の特質はシャンパーニュ地方と極めて似ており、現地生産は当社にとって自然な一歩」と話している。

テタンジェは仏北部ランス(Reims)にある1734年創業の老舗ワイン農園で、シャンパンの「コント・ド・シャンパーニュ(Compte de Champagne)」で知られる。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン