• 印刷する

独ハルツ山地に世界最長の歩行者用つり橋が開通

ドイツの中央北部にまたがるハルツ山地で7日、世界最長の歩行者用つり橋、通称「タイタンRT」が開通した。国内最高の高さを誇る貯水池「ラップボーデ(Rappbode)ダム」を横断するもの。工期は5年間に及んだ。ドイチェ・ウェレが伝えた。

タイタンRTの全長は458メートルと、ロシアのソチにある「スカイパークブリッジ」(439メートル)を抜き去り、歩行者用つり橋として、世界最長記録を更新した。開通式はザクセン・アンハルト州のオーバーハルツ・アム・ブロッケン(Oberharz am Brocken)近郊で行われた。

橋の高さは、水面からおよそ100メートルで、ケーブルにかかる重量は947トン。ケーブルを支えるアンカレイジは、粘板岩に据え付けられた。なお、同橋にはビジターセンターが開設され、高さ75メートルのバンジージャンプを体験することが可能となる見込み。


関連国・地域: ドイツロシア
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、来年1月まで封鎖延長 目標の感染者数は「非常に遠い」(12/04)

新車登録台数、11月は3%減少(12/04)

TUI、18億ユーロの支援パッケージで合意(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

DHL、途上国へのワクチン低温輸送に自信(12/04)

ドイツ鉄道、クリスマス期間の運行本数倍増(12/04)

独コンチネンタル、ハンガリーに大型投資へ(12/03)

VW、部品メーカーが反競争的行為巡り提訴(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン