• 印刷する

独ハルツ山地に世界最長の歩行者用つり橋が開通

ドイツの中央北部にまたがるハルツ山地で7日、世界最長の歩行者用つり橋、通称「タイタンRT」が開通した。国内最高の高さを誇る貯水池「ラップボーデ(Rappbode)ダム」を横断するもの。工期は5年間に及んだ。ドイチェ・ウェレが伝えた。

タイタンRTの全長は458メートルと、ロシアのソチにある「スカイパークブリッジ」(439メートル)を抜き去り、歩行者用つり橋として、世界最長記録を更新した。開通式はザクセン・アンハルト州のオーバーハルツ・アム・ブロッケン(Oberharz am Brocken)近郊で行われた。

橋の高さは、水面からおよそ100メートルで、ケーブルにかかる重量は947トン。ケーブルを支えるアンカレイジは、粘板岩に据え付けられた。なお、同橋にはビジターセンターが開設され、高さ75メートルのバンジージャンプを体験することが可能となる見込み。


関連国・地域: ドイツロシア
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

独ビュルクレ、ハンガリー東部で工場着工(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

ボルボ、ワイヤレス充電のモメンタムに出資(01/17)

独情報機関、極右政党AfDの監視強化へ(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

オットー・フックス、ブダペストで用地取得(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン