フィンエアー、福岡―ヘルシンキの夏季便運航

フィンランド航空(フィンエアー)は4月28日、福岡―ヘルシンキ間の夏季定期便を就航したと発表した。九州発の唯一の欧州便として、昨年に引き続き実施。10月29日まで運航する。

定期便はエアバスA330型機を使用。福岡発は水曜日、金曜日、日曜日の週3便、ヘルシンキ発は火曜日、木曜日、土曜日となっている。フィンエアーは現在、成田、中部、関西の各空港からヘルシンキ直行便を運航するほか、日本航空(JAL)と福岡―ヘルシンキ線でコードシェア(共同運航)便を飛ばしている。[日本企業の動向]


関連国・地域: フィンランドアジア
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

「ノキア」ブランドの新型スマホが越で販売(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

電力フォータム、印南部にEV充電設備(07/10)

欧州、各地で水不足による影響が深刻化(07/09)

スペインのCAF、バス製造ソラリスを買収(07/04)

露政府、今年の経済成長見通しを引き下げ(06/29)

裁判所、ウーバーの営業認可 TfLとのルール順守が条件(06/28)

シュコダ、ドイツでトラム80両を受注(06/26)

【ウイークリー統計】第12回 スポーツ用品の輸出入とスポーツ施設(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン