• 印刷する

フィンエアー、福岡―ヘルシンキの夏季便運航

フィンランド航空(フィンエアー)は4月28日、福岡―ヘルシンキ間の夏季定期便を就航したと発表した。九州発の唯一の欧州便として、昨年に引き続き実施。10月29日まで運航する。

定期便はエアバスA330型機を使用。福岡発は水曜日、金曜日、日曜日の週3便、ヘルシンキ発は火曜日、木曜日、土曜日となっている。フィンエアーは現在、成田、中部、関西の各空港からヘルシンキ直行便を運航するほか、日本航空(JAL)と福岡―ヘルシンキ線でコードシェア(共同運航)便を飛ばしている。[日本企業の動向]


関連国・地域: フィンランドアジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、通信テリアのボニエ買収を本格調査(05/14)

リビア、欧州企業の事業免許差し止めも(05/13)

フィンランドの社会民主党、連立交渉を開始(05/10)

<連載コラム・エネルギーTODAY>第32回 サステナブル・ファイナンス巡る法制化進むEU(05/10)

投資PPF、鉄道車両シュコダ株10%を売却(05/09)

首相「EPPの欧州委員長候補を不支持」(05/08)

独仏、次世代EV電池開発の同盟結成へ(05/07)

オウトテック、サウジで金プロジェクト受注(05/03)

ザランド、第1四半期は16倍に増益(05/03)

自動運転への準備、オランダが2年連続首位(04/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン