• 印刷する

フィンエアー、福岡―ヘルシンキの夏季便運航

フィンランド航空(フィンエアー)は4月28日、福岡―ヘルシンキ間の夏季定期便を就航したと発表した。九州発の唯一の欧州便として、昨年に引き続き実施。10月29日まで運航する。

定期便はエアバスA330型機を使用。福岡発は水曜日、金曜日、日曜日の週3便、ヘルシンキ発は火曜日、木曜日、土曜日となっている。フィンエアーは現在、成田、中部、関西の各空港からヘルシンキ直行便を運航するほか、日本航空(JAL)と福岡―ヘルシンキ線でコードシェア(共同運航)便を飛ばしている。[日本企業の動向]


関連国・地域: フィンランドアジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、データセンター向け新製品開発(07/13)

ノキア、5G機器の失敗から巻き返しへ(07/08)

DMP、フィンランド社と電子ミラー開発(07/03)

BASF、欧州に計画通りEV電池材料工場(06/30)

ノキア、仏事業アルカテルで1233人整理へ(06/23)

通信テリア、トルクセル株売却=トルコ撤退(06/19)

フィンランド、15日から近隣国への渡航解禁(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン