• 印刷する

EUの難民庇護認定件数、昨年は71万件超に

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは26日、2016年の難民庇護(ひご)申請に対する認定件数が71万395件に達し、前年から倍超に増加したと発表した。シリアやイラクなど紛争国から逃れてきた人々が多くを占めた。

EU加盟国28カ国のうち、難民庇護申請の認定件数が最多となったのはドイツで44万5,210件と、1年前から3倍に増えた。次いでスウェーデンが約2倍の6万9,350件、イタリアの3万5,450件(20%増)となった。なお、英国は1万7,080件を認めた。

庇護申請が認められた難民の出身国別に見ると、最多はシリアで40万5,620人となり全体の57%を占めた。これにイランの6万5,765人(9%)、アフガニスタンの6万1,820人(9%)が続いた。なお、シリア出身の申請者のうち70%以上の29万4,700人がドイツで許可されている。

欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス)によると、EU加盟国に流入する難民の数は2015年から2年連続で減少しているという。庇護申請の認定件数の増加は、審査に時間がかかるため、2016年以前に提出された庇護申請がようやく受理されたことも一因ではないかとしている。

しかし、EU諸国での難民に対する風当たりは強まっている。オーストリアは2017年の難民受け入れ人数を3万5,000人に限定し、かつ自主的な国外退去難民には給付金を倍額支給するとしている。また、ハンガリーでは難民を国境に並べた貨物コンテナに収容するなどの強硬措置をとっている。


関連国・地域: ドイツEUイタリアオーストリアスウェーデンハンガリーアジア中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン