欧州市民の5分の1、現金を持ち歩かず

欧州市民の5人に1人が、現金をほとんど持ち歩いていない――。こうした傾向が、オランダの金融大手INGグループが26日公表したキャッシュレス社会に対する意識調査で明らかになった。

調査は2月7~27日、欧州13カ国に米国、オーストラリアを加えた計15カ国の18歳以上の消費者1万4,692人を対象に実施。この結果、欧州13カ国の回答者の21%が現金をほとんど持ち歩いておらず、過去1年間に一度も現金を使わなかった人も1%ほど存在することが分かった。また、欧州市民の3分の1は、完全なキャッシュレス社会への移行に肯定的な見方を示した。

国別に見ると、欧州で最も現金を持ち歩く人の割合が高かったのはドイツで、少なかったのはフランスだった。また、キャッシュレス社会については、トルコで42%がこれを支持したのに対し、英国とオランダにおける支持者の割合はそれぞれ21%、23%にとどまった。

なお、全15カ国の半数は、過去1年間に現金を使う機会が減少したと回答。このうち78%は、今後もこの傾向が続くとみていることが分かった。一部の国では租税回避を防止するため、キャッシュレス社会への移行を後押ししている。ユーロ圏では、2018年末に500ユーロ札の発行を停止する方針。


関連国・地域: EUアジア米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

EU、豪・NZとFTA交渉 工業製品やサービスの輸出拡大へ(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

米国、イランに12項目要求=EUに同調要請(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

フィンランド中銀、レーン副総裁が新総裁に(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン