• 印刷する

欧州市民の5分の1、現金を持ち歩かず

欧州市民の5人に1人が、現金をほとんど持ち歩いていない――。こうした傾向が、オランダの金融大手INGグループが26日公表したキャッシュレス社会に対する意識調査で明らかになった。

調査は2月7~27日、欧州13カ国に米国、オーストラリアを加えた計15カ国の18歳以上の消費者1万4,692人を対象に実施。この結果、欧州13カ国の回答者の21%が現金をほとんど持ち歩いておらず、過去1年間に一度も現金を使わなかった人も1%ほど存在することが分かった。また、欧州市民の3分の1は、完全なキャッシュレス社会への移行に肯定的な見方を示した。

国別に見ると、欧州で最も現金を持ち歩く人の割合が高かったのはドイツで、少なかったのはフランスだった。また、キャッシュレス社会については、トルコで42%がこれを支持したのに対し、英国とオランダにおける支持者の割合はそれぞれ21%、23%にとどまった。

なお、全15カ国の半数は、過去1年間に現金を使う機会が減少したと回答。このうち78%は、今後もこの傾向が続くとみていることが分かった。一部の国では租税回避を防止するため、キャッシュレス社会への移行を後押ししている。ユーロ圏では、2018年末に500ユーロ札の発行を停止する方針。


関連国・地域: EUアジア米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU、英国に法的措置開始 国内市場法案巡り「義務違反」(10/02)

英国車、日本製部品使用ならEUが関税も(10/02)

アゼルバイジャンとアルメニアに停戦要請(10/02)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第23回 コロナ禍で揺らぐ国際通貨の地位(10/02)

EU首脳会議、トルコ東地中海問題など協議(10/02)

9月は過去2年超で最高 ユーロ圏製造業PMI確定値(10/02)

ユーロ圏失業率、8月は8.1%に悪化(10/02)

ユーロ圏生産者物価、8月は2.5%低下(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン