• 印刷する

カメラのライカなど、中国・横琴自貿区に進出へ

ドイツの老舗カメラメーカー、ライカ(Leica)と米インターネット検索エンジン大手グーグルが、中国(広東)自由貿易試験区(広東自貿区)の対象地域の一つで、マカオに隣接する広東省珠海市の横琴新区に進出することが決まった。大公報などが伝えた。

ライカは横琴に中国本部を設置し、光学技術の研究開発(R&D)センターや撮影学校、保税倉庫・物流センターなどを設ける計画。横琴への進出を通じて、中国本土、マカオ、香港の3地域での事業展開を強化する。

グーグルは中国企業と協力し、中国のブランドや製品の海外進出を後押しすることを目的とした「グーグル・アドワーズ体験センター」を設置する。稼働後はクロスボーダー電子商取引(越境EC)に関する研修やマーケティング活動を毎年行い、専門知識を有する高度な人材を約100人、越境EC重点企業を約100社それぞれ育成する方針だ。【NNA中国】


関連国・地域: 中国香港マカオ米国ドイツ欧州アジア米国
関連業種: その他製造IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、エネルギーのSEFEを国有化も(09/26)

VW、一部生産を国外移管も=ガス不足対策(09/26)

ボッシュ、タイでEV関連サービスに参入(09/26)

メルク、上海にバイオ医薬試験施設を開業(09/26)

ガス輸入コスト、1~7月は2.6倍に拡大(09/23)

JAL、成田―フランクフルト路線を増便(09/23)

BMW、タイ高級車市場で3年連続首位へ(09/23)

独政府、ユニパー国有化 公的資金80億ユーロを注入(09/22)

ドイツ、競争当局の権限強化を計画(09/22)

欧州司法裁、独のデータ保持規定に違法判決(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン