• 印刷する

欧州の最大の騒音源はなおも道路交通

欧州の最大の騒音源は依然として道路交通――。欧州環境庁(EEA)が24日、こうした最新評価結果を公表した。

欧州連合(EU)では現在、日中に55デシベル、夜間に50デシベルをそれぞれ超える騒音を、人の環境衛生上、有害と規定。EEAによると、道路交通を原因に、こうしたレベルの騒音にさらされる市民はEEAの参加国33カ国全体で約1億人にも上る。うち3,200万人は強度の騒音(65デシベル超)に悩まされているという。

これに次ぐ騒音源は鉄道で、55デシベル超の騒音にさらされる沿線住民は1,900万人。航空機や工場の騒音に悩む人はそれぞれ410万人余り、100万人だった。

なお世界保健機関(WHO)によると、道路交通による騒音は欧州で大気汚染に続いて2番目に有害な環境ストレス要因。騒音が人体に引き起こすストレスは、寿命の低下や心臓疾患、認識機能障害、睡眠障害、高血圧などの原因となり得る。[環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 医療・医薬品その他製造運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国際組織、マルタを金融グレーリストに追加(06/25)

世界初の「炭素国境税」導入目指すEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第52回(06/25)

ガスプロム、欧州向け天然ガス供給を制限か(06/25)

EU、ロシアと首脳会議も 関係改善へ独仏が提案(06/25)

欧州銀行監督機構「気候リスクの考慮必要」(06/25)

欧州商用車登録台数、5月は66.1%増加(06/25)

ANA、成田―ブリュッセル路線など臨時便(06/25)

EUでの新規感染、デルタ株が9割に拡大も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン