家具イケア、印からの商品調達額を2倍へ

スウェーデンの家具大手イケアは、各国・地域で販売する商品のインドからの調達を、2020年に2倍の6億ユーロに増やす方針だ。現在は繊維製品が7割を占めるが、家具の調達を視野に入れている。PTI通信が23日伝えた。

イケアは3億1,800万ユーロ規模の商品をインドから輸出。繊維製品のほか、ソファやマットレス、台所用品も含まれる。インド企業約50社がサプライヤーとなっており、昨年は15社と新たに契約を結んだ。木製や竹製の家具、金属やプラスチック製の商品、照明の調達を計画しているという。

イケアはインドで、今年後半に南部テランガナ州とアンドラプラデシュ州の共通州都ハイデラバードで1号店を開業する予定。5月には西部マハラシュトラ州ナビムンバイで2号店の建設に着手し、2018年半ばの開店を目指す。2025年までに1,050億ルピーを投じて、25店舗を展開する方針だ。【NNAインド】


関連国・地域: インド欧州スウェーデンアジア
関連業種: 製造一般金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

H&Mの豪事業、通期は50%増益(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ノルスク・ウィンド、米FBに電力提供(05/24)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

ティッセン、米ヘッジファンドが出資へ(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

ボルボ、英国で全モデルがWLTP適合(05/24)

H&M、南アでサプライヤー探しに着手(05/23)

スウェーデン、有事対応マニュアルを公開(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン