ロシアの軍事費、昨年は世界3位に浮上

昨年の軍事費ランキングで、ロシアがサウジアラビアを追い抜き、第3位に浮上した。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が24日、発表した。

それによると、ロシアの軍事費は5.9%増の692億ドル。軍事費が国内総生産(GDP)に占める割合は5.3%に達し、ソビエト連邦の崩壊以降、最高を記録した。

国別に見ると、首位の米国は6,110億ドルと前年から1.7%増加し、世界全体の36%を占めた。次いで中国が5.4%増の2,150億ドルで第2位を維持。4位のサウジアラビアは大きく30%減らして637億ドル、5位のインドは8.5%増の559億ドルだった。

世界全体の軍事費は推定1兆6,860億ドルと、前年比0.4%拡大。2年連続でプラスとなった。対GDP比は2.2%だった。


関連国・地域: ロシアアジア米国中東欧州
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ノバテク、ヤマルLNGの第2段階開始へ(07/20)

鉄鋼セベルスタリ、第2四半期は4倍に増益(07/20)

ロシア鉱工業生産、6月は2.2%増加(07/20)

ロシアの失業率、6月は4.7%で横ばい(07/20)

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

カタール航空、露ブヌコボ空港の株式取得へ(07/19)

重慶―ミンスク間の国際貨物列車、運行開始(07/19)

プーチン大統領、トランプ米大統領と会談(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン