欧州評議会、報道の抑圧に懸念表明

欧州評議会は20日、ジャーナリストが物理的・心理的な脅迫を受け、批判的な報道を自粛する傾向が強まっているとして懸念を表明した。加盟47カ国とベラルーシの合わせて940人の記者を対象にした調査で、約4割が私生活に影響が及ぶ深刻な干渉に晒されていることが判明している。

最も多かったのは侮辱や脅迫、中傷といった精神的な暴力で、回答者の69%がこういった暴力に晒されていると答えた。これにインターネットでの個人攻撃(53%)、報道に関係のある団体による脅迫(50%)、暴力を伴う脅迫(46%)、政治団体からの脅迫(43%)が続いた。また、回答者の3割が過去3年の間に暴力行為を受けたと答えたほか、監視下に置かれたという記者も4割近くに上っている。

こうした圧力を理由に、31%の記者は報道内容を和らげたことがあると回答。伝えるべきニュースに目をつぶったことがある記者も15%に上った。


関連国・地域: EUベラルーシ欧州
関連業種: 経済一般・統計IT・通信マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン