• 印刷する

欧州評議会、報道の抑圧に懸念表明

欧州評議会は20日、ジャーナリストが物理的・心理的な脅迫を受け、批判的な報道を自粛する傾向が強まっているとして懸念を表明した。加盟47カ国とベラルーシの合わせて940人の記者を対象にした調査で、約4割が私生活に影響が及ぶ深刻な干渉に晒されていることが判明している。

最も多かったのは侮辱や脅迫、中傷といった精神的な暴力で、回答者の69%がこういった暴力に晒されていると答えた。これにインターネットでの個人攻撃(53%)、報道に関係のある団体による脅迫(50%)、暴力を伴う脅迫(46%)、政治団体からの脅迫(43%)が続いた。また、回答者の3割が過去3年の間に暴力行為を受けたと答えたほか、監視下に置かれたという記者も4割近くに上っている。

こうした圧力を理由に、31%の記者は報道内容を和らげたことがあると回答。伝えるべきニュースに目をつぶったことがある記者も15%に上った。


関連国・地域: EUベラルーシ欧州
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダンチラ政権、3度目の不信任決議案が否決(06/20)

EU8カ国、2030年までに石炭火力脱却へ(06/20)

党首選、ジョンソン氏圧勝 首相就任可能性高まる(06/20)

ゼレンスキー大統領、メルケル独首相と会談(06/20)

独政府、EV電池製造補助へ 資金援助先の3企業連合選出か(06/20)

塩野義、西同業と便秘症治療薬の販売契約(06/20)

マドリード、中心部の車両通行規制を廃止へ(06/20)

ブリヂストン、タイヤ軽量化技術を公開(06/20)

欧州委、独のディーゼル車改良補助を承認(06/20)

北マケドニアのEU加盟交渉、決定先送り(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン