• 印刷する

欧州評議会、報道の抑圧に懸念表明

欧州評議会は20日、ジャーナリストが物理的・心理的な脅迫を受け、批判的な報道を自粛する傾向が強まっているとして懸念を表明した。加盟47カ国とベラルーシの合わせて940人の記者を対象にした調査で、約4割が私生活に影響が及ぶ深刻な干渉に晒されていることが判明している。

最も多かったのは侮辱や脅迫、中傷といった精神的な暴力で、回答者の69%がこういった暴力に晒されていると答えた。これにインターネットでの個人攻撃(53%)、報道に関係のある団体による脅迫(50%)、暴力を伴う脅迫(46%)、政治団体からの脅迫(43%)が続いた。また、回答者の3割が過去3年の間に暴力行為を受けたと答えたほか、監視下に置かれたという記者も4割近くに上っている。

こうした圧力を理由に、31%の記者は報道内容を和らげたことがあると回答。伝えるべきニュースに目をつぶったことがある記者も15%に上った。


関連国・地域: EUベラルーシ欧州
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

【ウイークリー統計】第83回 東欧・バルト諸国は飲食出費率が高め(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン