• 印刷する

蘭ユトレヒト、自転車向けスマート信号を導入

オランダ中部ユトレヒトで19日、自転車の通行をスムーズにするためのスマート信号システムが導入された。自転車利用者に優しい国として有名なオランダらしい試み。NLタイムズが伝えた。

「フロー(Flo)」と呼ばれるこのシステムは、自転車専用レーンに沿って一定間隔で箱型の表示パネルを設置し、次の信号を青で通過するためには、速度を上げるべきか下げるべきかを知らせるもの。自転車利用者を対象に行われた調査で、赤信号を待つのが最も不快であるという結果が出たのを受けて、同システムの採用が決まった。

「フロー」はレーダーを使って信号の100メートル手前にいる自転車を検知し、その速度を計測して、次の信号を青で通過できるか判断する。表示パネルには、現在の速度で走行した場合に信号が青になるか赤になるかを教えてくれる亀やウサギのマークが表示される。自転車利用者はそれを見て速度を調整する。

ユトレヒト以外にも南部アイントホーフェン(Eindhoven)やベルギー北部アントワープがまもなく同システムを導入する予定だという。


関連国・地域: ベルギーオランダ
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シェル、低炭素化戦略の見直し表明(06/11)

アクゾノーベル、中国工場に太陽光発電設置(06/10)

トタル、オランダでEV充電網拡張(06/09)

トラフィギュラ、アンモニア燃料開発で覚書(06/08)

オランダ、5日から飲食店の屋内営業再開(06/02)

オランダ、飲料ボトルのデポジット制度開始(06/02)

再生エネ由来電力、昨年は全体の11%に拡大(06/01)

裁判所、シェルに排出量削減の厳格化を命令(05/28)

印タタ、オランダ工場の環境対策を加速(05/27)

アストラゼネカのワクチン供給巡る公判開始(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン