蘭ユトレヒト、自転車向けスマート信号を導入

オランダ中部ユトレヒトで19日、自転車の通行をスムーズにするためのスマート信号システムが導入された。自転車利用者に優しい国として有名なオランダらしい試み。NLタイムズが伝えた。

「フロー(Flo)」と呼ばれるこのシステムは、自転車専用レーンに沿って一定間隔で箱型の表示パネルを設置し、次の信号を青で通過するためには、速度を上げるべきか下げるべきかを知らせるもの。自転車利用者を対象に行われた調査で、赤信号を待つのが最も不快であるという結果が出たのを受けて、同システムの採用が決まった。

「フロー」はレーダーを使って信号の100メートル手前にいる自転車を検知し、その速度を計測して、次の信号を青で通過できるか判断する。表示パネルには、現在の速度で走行した場合に信号が青になるか赤になるかを教えてくれる亀やウサギのマークが表示される。自転車利用者はそれを見て速度を調整する。

ユトレヒト以外にも南部アイントホーフェン(Eindhoven)やベルギー北部アントワープがまもなく同システムを導入する予定だという。


関連国・地域: ベルギーオランダ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アクゾ、印で生産増強に400万ユーロ投資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

ベルギーに物流業界版エアビーが登場(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン