• 印刷する

妊娠中の飲酒経験、英国人女性が最も高く

妊娠中に飲酒した経験がある女性が最も多いのは英国――。欧州11カ国を対象に実施されたノルウェー国立公衆衛生研究所(NIPH)の調査結果で、こうした事実が明らかになった。

調査は英国、フランス、イタリア、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、スイス、ポーランド、クロアチア、ロシア、セルビアの妊婦7,905人を対象に行われた。ビールならボトル1本、ワインならグラス1杯、スピリットの場合は1ショットを1回の飲酒として計算している。

それによると、妊娠中に1回でも飲酒したことがある女性の割合は、英国が最多の28.5%。ロシア(26.5%)やスイス(20.6%)も高かった。一方、最も少なかったのはノルウェーで4.1%。これにスウェーデン(7.2%)とポーランド(9.7%)が続いた。全体の平均は16%だった。

妊娠中に飲酒経験のある女性の特徴として、比較的高齢であることや、教育水準が高いこと、職に就いていること、喫煙経験があることなどが挙げられている。


関連国・地域: 英国フランスEUイタリアスウェーデンフィンランドスイスノルウェーポーランドクロアチアセルビアロシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、排出量目標の未達で罰金1億ユーロも(01/22)

露製ワクチン、欧州当局などに承認申請(01/22)

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

リトアニア欧州議員、同性愛者差別で除名(01/22)

欧州一般裁、ハルミチーズ商標巡る異議棄却(01/22)

伊議会、320億ユーロの景気刺激策を承認(01/22)

【ITデジタル解析】「ITの巨人」の規制に挑むEU(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン