妊娠中の飲酒経験、英国人女性が最も高く

妊娠中に飲酒した経験がある女性が最も多いのは英国――。欧州11カ国を対象に実施されたノルウェー国立公衆衛生研究所(NIPH)の調査結果で、こうした事実が明らかになった。

調査は英国、フランス、イタリア、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、スイス、ポーランド、クロアチア、ロシア、セルビアの妊婦7,905人を対象に行われた。ビールならボトル1本、ワインならグラス1杯、スピリットの場合は1ショットを1回の飲酒として計算している。

それによると、妊娠中に1回でも飲酒したことがある女性の割合は、英国が最多の28.5%。ロシア(26.5%)やスイス(20.6%)も高かった。一方、最も少なかったのはノルウェーで4.1%。これにスウェーデン(7.2%)とポーランド(9.7%)が続いた。全体の平均は16%だった。

妊娠中に飲酒経験のある女性の特徴として、比較的高齢であることや、教育水準が高いこと、職に就いていること、喫煙経験があることなどが挙げられている。


関連国・地域: 英国フランスEUイタリアスウェーデンフィンランドスイスノルウェーポーランドクロアチアセルビアロシア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

EU、豪・NZとFTA交渉 工業製品やサービスの輸出拡大へ(05/23)

米国、イランに12項目要求=EUに同調要請(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

フィンランド中銀、レーン副総裁が新総裁に(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン