• 印刷する

妊娠中の飲酒経験、英国人女性が最も高く

妊娠中に飲酒した経験がある女性が最も多いのは英国――。欧州11カ国を対象に実施されたノルウェー国立公衆衛生研究所(NIPH)の調査結果で、こうした事実が明らかになった。

調査は英国、フランス、イタリア、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、スイス、ポーランド、クロアチア、ロシア、セルビアの妊婦7,905人を対象に行われた。ビールならボトル1本、ワインならグラス1杯、スピリットの場合は1ショットを1回の飲酒として計算している。

それによると、妊娠中に1回でも飲酒したことがある女性の割合は、英国が最多の28.5%。ロシア(26.5%)やスイス(20.6%)も高かった。一方、最も少なかったのはノルウェーで4.1%。これにスウェーデン(7.2%)とポーランド(9.7%)が続いた。全体の平均は16%だった。

妊娠中に飲酒経験のある女性の特徴として、比較的高齢であることや、教育水準が高いこと、職に就いていること、喫煙経験があることなどが挙げられている。


関連国・地域: 英国フランスEUイタリアスウェーデンフィンランドスイスノルウェーポーランドクロアチアセルビアロシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

欧州議会外交委「トルコの加盟交渉停止を」(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

セルビア首相、同性パートナーが出産(02/22)

ポルトガル議会、政府不信任決議案を否決(02/22)

チェコでポーランド産牛肉からサルモネラ菌(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スロバキア失業率、1月は5.26%に悪化(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン