• 印刷する

リスボン近郊で小型機墜落、5人死亡

リスボン西郊ティレス(Tires)の住宅地で17日、小型飛行機が墜落し5人が死亡した。事故の原因は明らかにされていない。BBC電子版が伝えた。

小型機は、主に個人所有機が使用するティレス空港からフランスのマルセイユに向けて離陸した後、空港から2キロ弱離れた独格安スーパー大手リドルの店舗付近に墜落した。死亡したのは、スイス人のパイロットおよびフランス人の乗客3人と、駐車中のトラックから荷下ろしをしていたポルトガル人運転手。トラックは炎上し、店舗内の買い物客数人が煙を吸い込むなどして軽傷を負った。事故現場には30台以上の消防車が駆け付け救助に当たった。

墜落した小型機はスイスで登録された米パイパー・エアクラフト製の双発機「パイパーPA―31ナバホ(Navajo)」。ティレスはリスボンから西に約20キロに位置し、リスボンと高級リゾート地カスカイス(Cascais)の中間に当たる。


関連国・地域: ドイツフランスポルトガルスイス米国
関連業種: 運輸小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港からの移住、アイルランドなどが人気(04/15)

ポルトガル政府、一部規制を緩和(04/07)

ポルトガル大統領、安楽死合法化法案を拒否(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン