ピアジオ、インドネシアで年後半に新製品発売へ

伊二輪大手ピアジオの販売子会社ピアジオ・インドネシアは、インドネシア市場で年後半に新製品の発売を計画している。インドネシアに生産拠点を戻す計画については、継続して検討しているという。アンドレ取締役(マーケティング担当)の話として、ビスニス・インドネシアが伝えた。

アンドレ取締役は、昨年は国内の二輪市場は低迷したが、プレミアムスクーターブランド「ベスパ」の販売台数は2桁の成長を記録したと述べ、新製品の発売に言及。詳細は明らかにしなかった。

生産拠点設置については、国内に作れば事業の効率化や、消費者に製品や部品を迅速に供給できるようになるなどメリットはあるものの、国内需要やインフラ、販売網など検討課題は多いと説明。イタリア本社はインドネシアを重要市場と位置付けているので検討を続けているが、「具体的な計画を公表できる段階にない」と述べた。【NNAインドネシア】


関連国・地域: インドネシア欧州イタリアアジア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ホッホティーフ、アベルティスに対抗買収案(10/20)

公的債務残高、2019年までに対GDP比120%も(10/20)

自動車セアト、イラン進出を断念(10/20)

ハンガリー人の7割超「EU加盟で恩恵」(10/20)

小売りカルフール、第3四半期は0.4%増収(10/20)

ユーロ圏建設業生産、8月は0.2%減少(10/19)

イベリア航空、成田―マドリード路線を増便へ(10/19)

伊政府、テレコムイタリアの経営巡り介入権行使(10/18)

【欧州企業よもやま話】第220回・トッズ 職人技が光るイタリアの靴メーカー(10/18)

エネル、豪で太陽光発電建設の認可取得(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン