• 印刷する

英国人の愛パスポート申請、第1四半期は67%増

英国人によるアイルランドのパスポート発行申請の増加傾向が続いている――。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた動き。外務省のデータを元に、BBC電子版が15日伝えた。

それによると、今年の第1四半期(1~3月)の北アイルランドからのパスポート申請件数は2万7,898件となり、前年同期比27%増加。北アイルランド以外の英国からのパスポート申請件数は2万3,181件と、42%伸びた。英国全体では1年前から67%増えている。

英国ではブレグジットの機運が高まり始めた昨年初めからパスポート申請件数が徐々に増加していたが、決定後に伸びが加速。決定直後となる昨年7~10月の申請件数を見ると、北アイルランドを除く英国からは2万6,308件と1年前の2倍近くに急増した。北アイルランドでも1万9,424件と、68.3%伸びている。

こうした中、アイルランドでは全体のパスポート申請件数も増加している。2016年通年では前年比10.4%増え、過去最高の75万833件に達した。今年第1四半期は26%増に加速している。外務省は、ブレグジット以外にも、アイルランドにおける人口増加や、近年の海外旅行人気などが要因と分析している。

アイルランド国籍は両親のどちらかがアイルランド生まれのアイルランド人であれば自動的に付与されるほか、祖父母がアイルランド国籍保持者の場合、自身の出生が政府に登録されていれば国籍が取得できる。同様に、父母の出生が自身の誕生より前に政府に登録されていれば、曽祖父母やさらにその前の世代までさかのぼって自身がアイルランド系であることを証明し、国籍を取ることが可能だ。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダブリン、パブなどの再開延期=再流行受け(09/17)

全閣僚、保健相の感染疑いで一時行動制限(09/17)

FB、データ移管巡る判断で差し止め要求(09/15)

ライアンエアー、8.5億ユーロの社債発行(09/10)

ライアンエアー、乗客数の見通し引き下げ(09/10)

アイルランド欧州委員候補、通商担当逃がす(09/09)

コブニー外相、欧州委員候補入りを否定せず(09/02)

アイルランドの欧州委員が辞任(08/28)

アイルランド、規則違反の政治家の主張却下(08/27)

米FB、フランスでの追徴課税支払いで合意(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン