• 印刷する

中国のセダン販売、3月はVW「ラビダ」が首位

中国自動車工業協会は、3月の中国におけるセダン車種別販売台数は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と中国自動車大手の上海汽車集団(上汽集団)の合弁、上汽大衆汽車が生産する「ラビダ(朗逸)」が生産する「ラビダ(朗逸)」が最多だったと発表した。販売台数は4万7,600台となっている。

2位は米ゼネラルモーターズ(GM)系の上汽通用汽車が生産するビュイックブランドの「エクセル(英朗)」。3位は日産自動車系の東風日産乗用車が生産する「シルフィ(軒逸)」だった。

乗用車、商用車を含めた新車販売のグループ別順位は、上海汽車グループが60万3,200台で首位を維持した。【NNA中国】


関連国・地域: 中国日本米国ドイツ欧州アジア米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経常黒字、3年連続で首位 財政政策への批判高まる恐れ(08/21)

独経済、第3四半期はやや鈍化も=連銀月報(08/21)

石油トタル、イランから正式に撤退へ(08/21)

独政府、高技能労働者確保で移民法改正も(08/21)

ユーロ圏建設業生産、6月は0.2%増加(08/21)

生産者物価、7月は3%上昇(08/21)

ドイツ銀、ノーブルの債券買い取りに着手(08/21)

シーメンス、オーストリア国鉄に列車を供給(08/21)

コンチ、超音波による車高調整センサー開発(08/21)

BMW、韓国で同国最大のリコール実施(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン