• 印刷する

中国のセダン販売、3月はVW「ラビダ」が首位

中国自動車工業協会は、3月の中国におけるセダン車種別販売台数は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と中国自動車大手の上海汽車集団(上汽集団)の合弁、上汽大衆汽車が生産する「ラビダ(朗逸)」が生産する「ラビダ(朗逸)」が最多だったと発表した。販売台数は4万7,600台となっている。

2位は米ゼネラルモーターズ(GM)系の上汽通用汽車が生産するビュイックブランドの「エクセル(英朗)」。3位は日産自動車系の東風日産乗用車が生産する「シルフィ(軒逸)」だった。

乗用車、商用車を含めた新車販売のグループ別順位は、上海汽車グループが60万3,200台で首位を維持した。【NNA中国】


関連国・地域: 中国日本米国ドイツ欧州アジア米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

運輸相、ディーゼル車燃料税引き上げに反対(12/07)

ポーランド新車登録台数、11月は2.1%増加(12/07)

伊マフィアのンドランゲタ、欧州で一斉摘発(12/07)

チェコ新車登録台数、11月は15.9%減少(12/07)

政府、排ガス対策基金を15億ユーロに増額(12/07)

家電6社、仏当局が価格カルテルで罰金(12/07)

「VW」乗用車販売、11月は5%減少(12/07)

石油・ガスDEA、メキシコ同業を買収(12/07)

ドイツ機械受注高、10月は12%増加(12/07)

ドイツ製造業受注、10月は0.3%増加(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン