中国のセダン販売、3月はVW「ラビダ」が首位

中国自動車工業協会は、3月の中国におけるセダン車種別販売台数は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と中国自動車大手の上海汽車集団(上汽集団)の合弁、上汽大衆汽車が生産する「ラビダ(朗逸)」が生産する「ラビダ(朗逸)」が最多だったと発表した。販売台数は4万7,600台となっている。

2位は米ゼネラルモーターズ(GM)系の上汽通用汽車が生産するビュイックブランドの「エクセル(英朗)」。3位は日産自動車系の東風日産乗用車が生産する「シルフィ(軒逸)」だった。

乗用車、商用車を含めた新車販売のグループ別順位は、上海汽車グループが60万3,200台で首位を維持した。【NNA中国】


関連国・地域: 中国日本米国ドイツ欧州アジア米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

VW、ルワンダで今年半ばに生産開始(01/19)

R・ロイス、商船事業売却へ 3部門体制に経営再編(01/19)

独自動車2社、米で定額レンタルを試験展開(01/19)

キオン、中国社と戦略的提携=少数株取得(01/19)

水素技術HT、中国・太陽電機が出資(01/19)

食品ABフーズ、4%増収=製糖除き好調(01/19)

自動車VW、インドで新車開発の追加投資も(01/19)

オランダとドイツを暴風雨が直撃(01/19)

ユニクロ、スウェーデン1号店を今秋開設(01/18)

欧州新車登録、昨年は過去10年で最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン