• 印刷する

フォリフォリ、年内に香港で5店舗開設

宝飾品事業やデパートの運営、香水の代理店などを展開するギリシャ企業フォリフォリ(Folli-Follie、FF)は今年、香港で少なくとも5店舗を開設する計画だ。香港の同じエリアにある小型店を統合して大型店に切り替える。ショールームを兼ねた店舗とすることで、消費者への訴求力を高め、売り上げの拡大につなげる考えだ。10日付明報が伝えた。

フォリフォリグループのジョージ・クーチョリューチョス最高経営責任者(CEO)によると、香港では高級ブランドを中心にアパレル店の撤退が相次ぎ、店舗の賃料が下落。出店攻勢をかけるフォリフォリにとって追い風となっている。今後は若年層の集客にも力を入れる方針で、毎月新製品を投入する計画だ。

フォリフォリは昨年、人通りの多い香港島・コーズウェーベイ(銅鑼湾)の怡東商場(エクセルシオール・プラザ)とラッセルストリートで新たに店舗を開設。同社はグループ全体の電子商取引(eコマース)が売り上げに占める割合を、5年後に現行の1割から3割に引き上げる方針。ただクーチョリューチョスCEOは「eコマースが実店舗に取って代わることはない」と強調し、実店舗を軸にeコマースを展開することでより効果的に販売活動を展開することが可能との認識を示した。【NNA香港】


関連国・地域: 中国香港欧州ギリシャアジア
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

JAL、関空ーロンドン便でBAと共同運航(09/26)

ギリシャ、ウエストナイル熱の流行が拡大(09/24)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第6回 リーマン・ショック10年 ユーロ圏は強くなったか?(09/21)

ユーロ圏インフレ率、8月は改定値も2%(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

ドイツ、イタリアと移民送還で合意(09/14)

【ウィークリー統計】第20回 家計貯蓄率と物価水準(09/13)

ギリシャ、減税と歳出拡大案を発表(09/11)

西、身分証ない移民への公共医療提供を再開(09/11)

アテネ地下鉄延伸、3社が最終候補に(09/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン