EU旅行サイトの3分の2、価格表示に難あり

欧州連合(EU)域内の旅行予約サイトの3分の2が、消費者の誤解を招く価格表示を行っている――。こうした事実が、欧州委員会が7日公表した最新の調査で明らかになった。

欧州委は2016年10月、域内の旅行予約サイト352件の一斉審査を実施。その結果、235件で最初の表示価格が最終的な購入価格と異なった。このほかにも、◇5分の1はサイトがうたう販促キャンペーンの適用商品がなかった◇約3分の1で最終価格の算出方法が明らかにされていなかった◇4分の1は「残りわずか」「本日のみ有効」といった表示が自社サイトに適用されていると明示していなかった、などの問題が報告されている。

今後、加盟各国の消費者保護当局は、これらのサイトの運営会社に、EUの消費者保護規定に違反していると通知し、改善が見られなければ法的措置に訴えるという。

欧州委は2007年以降、毎年、業界を特定してウェブサイトの一斉審査を行っている。これまでに航空会社や電子製品、オンラインチケット、デジタルコンテンツなどのサイトが対象となっている。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

伊大統領、首相候補のコンテ氏を承認(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン