• 印刷する

EU旅行サイトの3分の2、価格表示に難あり

欧州連合(EU)域内の旅行予約サイトの3分の2が、消費者の誤解を招く価格表示を行っている――。こうした事実が、欧州委員会が7日公表した最新の調査で明らかになった。

欧州委は2016年10月、域内の旅行予約サイト352件の一斉審査を実施。その結果、235件で最初の表示価格が最終的な購入価格と異なった。このほかにも、◇5分の1はサイトがうたう販促キャンペーンの適用商品がなかった◇約3分の1で最終価格の算出方法が明らかにされていなかった◇4分の1は「残りわずか」「本日のみ有効」といった表示が自社サイトに適用されていると明示していなかった、などの問題が報告されている。

今後、加盟各国の消費者保護当局は、これらのサイトの運営会社に、EUの消費者保護規定に違反していると通知し、改善が見られなければ法的措置に訴えるという。

欧州委は2007年以降、毎年、業界を特定してウェブサイトの一斉審査を行っている。これまでに航空会社や電子製品、オンラインチケット、デジタルコンテンツなどのサイトが対象となっている。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 運輸IT・通信サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

欧州議会外交委「トルコの加盟交渉停止を」(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

セルビア首相、同性パートナーが出産(02/22)

ポルトガル議会、政府不信任決議案を否決(02/22)

チェコでポーランド産牛肉からサルモネラ菌(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スロバキア失業率、1月は5.26%に悪化(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン