ゼマン大統領、10月20日の総選挙実施を決定

チェコのゼマン大統領は6日、下院(定数200)の選挙を10月20~21日に行うと発表した。現政権は4年の任期を満了する格好だ。テレビ・バランドフ(Barrandov)が伝えた。

2013年に実施された前回選挙では、当時最大野党の社会民主党(CSSD)が第1党の座を確保。だが、獲得議席数が50議席にとどまったことから、中道右派の新党「ANO2011」およびキリスト教民主連合と共に3党連立政権を樹立した。

ただ、直近の世論調査では、バビシュ財務相率いるANOの支持率がソボトカ首相率いるCSSDを上回っており勢力が反転する可能性が高い。世論調査会社カンターTNSが3月に行った調査では、ANOの支持率が32%となり、CSSDの12.5%を大きく上回った。これに、ボヘミア・モラビア共産党(KSCM、11.5%)が続く。また、チェコ科学アカデミーが同時期に行った調査でも、ANOが21%で首位。CSSDは16.5%、KSCMは9%にとどまった。

ANOは、反汚職キャンペーンの推進やポピュリスト的なアプローチで支持を獲得。バビシュ財務相はかねて、ユーロ導入に対する否定的な見解を明らかにしている。これに対し、CSSDは北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)と足並みをそろえる方針を強調している。


関連国・地域: EUチェコ
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

チェコGDP、第1四半期は4.5%増加(05/17)

ボーダフォン、CEO退任へ 在任10年間で事業再編に手腕(05/16)

チェコ貿易収支、3月は黒字縮小(05/15)

チェコのANOと社民党、連立合意案を承認(05/15)

チェコのインフレ率、4月は1.9%に加速(05/14)

ポーランド新車登録台数、4月は13.3%増加(05/11)

チェコ失業率、4月は3.2%に低下(05/11)

チェコ小売売上高、3月は3.7%増加(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン