• 印刷する

ペテルブルクの地下鉄テロ、容疑者宅で爆弾処理

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの地下鉄で発生した自爆テロから3日後の6日、警察は容疑者宅で見つかった爆発物を処理し、事なきを得た。イタルタス通信などが伝えた。

市東部にあるアパートでの家宅捜索はこの日午前5時(現地時間)ごろに開始。事件に使用されたものと似たセロテープやアルミホイルなどが見つかり、鑑定が進められている。

家宅捜索では、併せて数人を共犯の疑いで拘束。目撃者情報によると、手錠をかけられた3人の男は全員、中央アジア出身者とみられる。

ロシア連邦取調委員会(SKRF)はこの前日、やはり中央アジア出身とみられる8人を拘束。2015年以降にイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」やアルヌスラ戦線のために、戦闘員を勧誘していた疑いがあるとしている。

自爆テロは3日午後2時半ごろ(現地時間)、サンクトペテルブルク地下鉄2号線の工科大学駅とセンナヤ広場駅の間を走っていた車内で発生。実行犯を除く死者は13人で、うち3人は10代、6人は20代だった。当局はDNA鑑定の結果、実行犯をキルギス南西部オシ(Osh)で生まれたアクバルジョン・ジャリロフ容疑者(22)と断定している。


関連国・地域: ロシアキルギスアジア
関連業種: 運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロシアとウクライナ、感染死者数が過去最多(10/20)

ノルドストリーム2、1本目のガス充填完了(10/20)

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

モスクワ地下鉄、顔認証決済の運用開始(10/18)

モスクワ証取、イスラム株価指数導入へ(10/18)

露で初のミシュランガイド発行=9店舗に星(10/18)

ヤンデックス、ロンドンで食品即配サービス(10/18)

シブール、トルコの需要増受け生産拡大へ(10/15)

露、自国製の点鼻式ワクチンの臨床試験へ(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン