• 印刷する

ノルウェー、世界初の船舶専用トンネル建設へ

ノルウェー政府は、南西部スタッド(Stad)半島に世界初の船舶専用トンネルを建設すると発表した。総工費は27億ノルウェークローネ(3億1,400万ドル)で、2019年にも着工する予定。ソルビク・オルセン運輸・通信相の話を元に、AFP通信などが伝えた。

新トンネルの名称は「スタッド・シップ・トンネル」。建設期間は3~4年を見込み、全長は1.7キロメートル、幅は36メートルになる予定。完成すれば、最大1万6,000トン級の貨物船や旅客船が通過できるようになるという。

スタッド半島の周辺は、ノルウェーの海岸線の中でも特に危険な海域とされ、暴風や荒波などの悪天候時には多くの船舶が待機を余儀なくされている。ノルウェーではこれまでも同半島を横切るトンネルの建設構想が度々浮上しており、同政府は2013年に本格的な検討を開始していた。

ソルビク・オルセン運輸・通信相はトンネル建設について「危険な海域でより安全かつ信頼できる輸送経路を確保する」と話している。


関連国・地域: ノルウェー
関連業種: 建設・不動産運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ノルウェーで欧州初の海中レストランが開店(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

ノルスク・ヒドロ、初の女性CEOが誕生へ(03/19)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

住友商事、北欧最大手の駐車場事業を買収(03/14)

英航空当局、「737MAX8」の発着を禁止(03/13)

エチオピア航空機が墜落、157人死亡(03/12)

ノルウェーが石油株放出へ 原油市場への依存低減向け(03/11)

出光、ノルウェー油ガス田の開発計画を提出(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン