• 印刷する

ポルトガル北部の花火工場で爆発=6人死亡

ポルトガル北部ラメゴ(Lamego)にある花火工場で4日夕、爆発事故が起き、少なくとも6人が死亡、2人が行方不明となっている。BBC電子版などが伝えた。

地元紙によると、最初の爆発は午後16時30分ごろ(現地時間)に発生。その後、立て続けに2回の爆発が起きた。同工場は地元家族が経営しており、犠牲者はいずれも工場の従業員。うち数人は工場からやや離れた場所で発見されており、爆発の衝撃により建物外に投げ出されたとみられる。経営者も死亡が確認されている。

警察当局は、生存者がいる可能性は低いと説明。爆発の原因は不明という。


関連国・地域: ポルトガル
関連業種: その他製造社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で仮合意(09/17)

愛ライアンエアー、欧州5カ国で再びスト(09/14)

ユーロバンク、アリオル銀などが買収提案(09/07)

欧州の人気赴任先、首位はポルトガル(09/07)

ユーロ圏小売売上高、7月は0.2%減少(09/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン