• 印刷する

ポルトガル北部の花火工場で爆発=6人死亡

ポルトガル北部ラメゴ(Lamego)にある花火工場で4日夕、爆発事故が起き、少なくとも6人が死亡、2人が行方不明となっている。BBC電子版などが伝えた。

地元紙によると、最初の爆発は午後16時30分ごろ(現地時間)に発生。その後、立て続けに2回の爆発が起きた。同工場は地元家族が経営しており、犠牲者はいずれも工場の従業員。うち数人は工場からやや離れた場所で発見されており、爆発の衝撃により建物外に投げ出されたとみられる。経営者も死亡が確認されている。

警察当局は、生存者がいる可能性は低いと説明。爆発の原因は不明という。


関連国・地域: ポルトガル
関連業種: その他製造社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル空港利用者数、7月は8割減少(09/23)

ポルトガル、企業の2割が人員削減を検討(09/16)

リスボンとポルト、職場復帰規制を強化(09/14)

英国、ポルトガルを再び自主隔離対象に指定(09/14)

英、ポルトガルを再び自主隔離対象に指定も(09/04)

英の隔離措置免除でポルトガルに観光客大挙(09/02)

ポルトガルの在留申請件数、過去5年で最多(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン