• 印刷する

フィリピンの外食ジョリビー、伊に1号店開設へ

フィリピンの外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)は3日、欧州に初進出すると発表した。シンガポールのブラックバード・ホールディングスと組んで、イタリアに1号店を開業する。

ブラックバードは食品・飲料、農業、バイオテクノロジーなどの分野に投資する企業。JFCは、子会社ゴールデン・プレートがブラックバードとシンガポールに合弁会社を設立し、同社を通じてイタリア市場に進出する。合弁会社の出資比率はゴールデン・プレートが75%、ブラックバードが25%となる。

合弁会社はイタリアに全額出資子会社を設置し、同国事業を運営する。当初の投資額は100万ユーロ。

JFCはイタリアに多くのフィリピン人が居住していることから、欧州初の進出先として同国を選んだと目されている。地元紙インクワイラーによると、JFCの創業者トニー・タン・カクチョン氏は、「1号店はミラノ中心部の観光スポット、ドゥオーモ大聖堂の近くに設置する予定」と述べた。今年9月の開店を見込んでいる。

JFCはスパゲティやフライドチキンなどを提供する旗艦ブランド「ジョリビー」や、中華料理「チャウキン(超群)」、フィリピン風バーベキュー「マン・イナサル」などを運営している。2月末時点の店舗数は国内が2,670店、海外が620店に上る。【NNAフィリピン】


関連国・地域: シンガポールフィリピン欧州イタリアアジア
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン