• 印刷する

オランダ、外国人学生の在籍数が過去最多に

オランダ高等教育国際協力機構(Nuffic)は、2016/17年度にオランダの大学に在籍した外国人学生の数が11万2,000人超となり、過去最高を記録したと発表した。同機構によると、英語での授業が多いことに加え、他国に比べて教育費が安く、教育の質も良いことが人気の理由だという。

国別では、ドイツが2万2,000人と最多。これに中国の4,300人、イタリアの3,300人が続いた。近年では、インドやインドネシア、韓国など欧州連合(EU)加盟国以外からの留学生が増え、その大半が修士課程に集中しているという。学科別では、アートまたはデザイン系が31.8%に上る。

同機構は、多くの外国人学生がオランダ経済に貢献していると指摘。オランダの政府系シンクタンク、経済政策分析局(CPB)によると、外国人学生による経済効果として、2012年には約4億5,000万ユーロの国庫収入がもたらされた。また、オランダの知識経済への頭脳流入を金額に換算すると年間約15億7,000万ユーロ相当に上るという。

こうした留学生の増加によるプラス効果を歓迎する見方がある一方で、国際学生組織(ISO)は、大学側にとって貴重な収入源となる留学生を呼び込もうと、カリキュラムが外国人学生向けになる恐れがあるなどマイナス面も指摘している。


関連国・地域: ドイツEUイタリアオランダアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

食品の味は著作権で保護できず=欧州司法裁(11/14)

ITのティエト、ヒアとソフト開発で提携(11/13)

老舗2百貨店の統合計画、競争当局が承認(11/12)

ユーロ圏経済、2.1%拡大も 欧州委の秋季経済見通し(11/09)

EV新車登録台数、第3四半期は30%増加(11/09)

アホールド・デレーズ、26.7%増益(11/08)

児童死亡の蘭カート会社、破産申請取り下げ(11/08)

日本精機、北部グダニスク事務所を移転(11/08)

ヒューゴ・ボス、第3四半期は18%減益(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン