• 印刷する

政府観光局、ローマとマドリードに事務所開設

日本政府観光局(JNTO)は3月30日、ローマとマドリードに事務所を開設した。日本政府は2020年までに訪日外国人旅行者を4,000万人に引き上げる目標を掲げており、今回の新設で、JNTOの海外事務所は世界全体で20カ所に達した。

これらの事務所は、訪日旅行の市場分析とマーケティングのほか、現地旅行社を通じた日本向けツアーの企画・販売促進などを手掛けつつ、現地目線で訪日プロモーション事業を強化する。

昨年の訪日外国人旅行者数は2,404万人と過去最高を記録。うちイタリアは前年比15.6%増の11万9,252人、スペインは19%増の9万1,849人で、共に過去最多となっている。

JNTOの欧州事務所は、昨年12月に開設したモスクワのほか、ロンドン、フランクフルト、パリにもある。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペインロシアアジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クロアチア、ワクチンパスポートを試験導入(05/17)

【今週の主な予定】5月17~21日(05/17)

EUの成人3割超がワクチン接種を躊躇(05/17)

東芝テック、欧州子会社がサイバー攻撃被害(05/17)

欧州委、伊のアリタリア4度目の支援を承認(05/14)

EUの新排出削減目標、効果には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第54回(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン