英中銀、新20ポンド札にやし油の使用を検討

英中銀イングランド銀行は、新20ポンド紙幣の製造にやし油の使用を検討している。プラスティック製5ポンド札への動物性脂肪の使用をめぐり批判が高まっているため。BBC電子版などが30日伝えた。

イングランド銀は、2020年までに新20ポンド札の流通を開始する予定。これに向け、現5ポンド紙幣に使用されている動物性油脂に代わり、植物性油脂のやし油、またはココナツ油の代用を検討している。ただ、環境保護団体などは、やし油の生産は熱帯雨林の破壊につながるとして反対。同行は、紙幣の製造に必要な量はごくわずかだと説明している。

なお、昨年9月から使用されている5ポンド札と、今年9月から流通予定の新10ポンド札には、動物性油脂が引き続き使用される。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 製造一般農林・水産天然資源金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン