• 印刷する

プラハ市、自転車道整備に2500万コルナ投資へ

プラハ市が今年、自転車専用レーンや自転車スタンドの設置に2,500万コルナ(100万ドル)を投資する計画だ。副市長の話として、プラハTVが29日伝えた。

それによると、今年はプラハ南郊のホスティバルシ(Hostivar)地区と、東郊のビエホビツェ(Bechovice)とホルニ・ポツェルニツェ(Horni Pocernice)を結ぶ道路に自転車専用レーンを設けるほか、公共交通の乗り場付近を中心に自動車スタンド400台を設置する。また、プラハを貫く汎欧州の自転車専用道の整備も進めたい考え。

プラハ市は併せて、自転車利用者向けのスマートフォン用専用アプリを導入した。自転車向けのルート検索や交通情報などを提供するもので、将来的にはプラハ市から半径15キロメートル圏内をカバーする予定という。

プラハ市は昨年、自転車向けインフラに6,500万コルナ超を投資した。今後、自転車関連プロジェクトに6,500万コルナほど追加投資する準備があるとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: チェコ
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロホールド、CEZの資産取得で協議(04/18)

EU、新ガス導管に2億ユーロの助成金拠出(04/17)

VW、新工場の候補地にトルコかブルガリア(04/16)

VW、韓国社と大型EV電池工場設置に意欲(04/16)

VWの世界販売、4.3%減少 アジアと中南米の不振響く=3月(04/15)

中国と中東欧の「16プラス1」サミット開催(04/12)

チェコのビール生産量、昨年は過去最高(04/11)

チェコのインフレ率、3月は3%に加速(04/11)

シュコダ、EV10台をチェコで試験運用(04/09)

チェコ失業率、3月は3%に改善(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン