チェコ科学アカデミー前総裁、大統領選に出馬

チェコ科学アカデミーのドラホシュ前総裁(68)が、来年1月に予定される大統領選への出馬を表明した。同氏の声明を元に、チェコ通信などが28日伝えた。

ドラホシュ氏は出馬の主な理由について、「近代チェコ民主主義の先行きに不安を感じたため」と説明。「極端な思想やポピュリズムの台頭、基本的な民主主義の価値への市民の無関心などを看過するわけにはいかない」と話している。ドラホシュ氏はこれまでも無党派を貫いており、無所属で立候補する方針という。

次期大統領選をめぐっては、現職のゼマン大統領が3月初めに続投の意向を表明したほか、ストロプニツキー国防相も出馬がうわさされている。この他、実業家や社会活動家らが立候補を決めている。


関連国・地域: チェコ
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

チェコ貿易収支、5月は黒字縮小(07/18)

チェコのインフレ率、6月は2.6%に加速(07/17)

チェコ失業率、6月は過去22年で最低(07/17)

プラハ1区、落書き撲滅チームを立ち上げ(07/17)

チェコ鉱工業生産、5月は1.4%増加(07/16)

プラハ1区で自転車乗り入れを制限(07/16)

チェコでバビシュ新政権が正式発足(07/13)

ラガルデール、オンラインヘルス事業売却へ(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン