パリとロンドン、英EU離脱後の観光振興で協力

英国による欧州連合(EU)離脱通告を翌日に控えた28日、ロンドンのカーン市長は訪問先のパリのイダルゴ市長と、観光・ビジネス振興で協力することを約束した。ブレグジットによる打撃を緩和する狙い。両市長の共同声明を元に、ロイター通信などが伝えた。

声明は「パリとロンドンは、競争よりも建設的な提携に注力することを選択した」と提携の意義を強調。具体的には、それぞれの公式観光ウェブサイトが持つ観光資源を共有し、外国人観光客の誘致を図るほか、中小企業を対象とした「ウェルカム・プログラム」では、どちらかの都市で事業を行う企業を、もう一方の都市に進出できるよう支援する。例えば、両国のほかベルギーを結ぶ国際高速鉄道ユーロスターのディスカウント乗車券を提供する。

こうしたプロジェクトを共に進めることで、雇用を創出し経済成長につなげられるとしている。[労務]


関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: IT・通信運輸・倉庫観光・娯楽雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2018年4月 NIGEL’S INSIGHT(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

EEUとイラン、暫定的FTAを締結(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

ロイヤル・メール、通期は1%増益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン