• 印刷する

新1ポンド硬貨の流通が開始=旧硬貨は10月まで

英国の新1ポンド硬貨が28日から市場に出回り始めた。新硬貨は12角形で、従来より薄くて軽いほか、偽造防止の技術が施されている。旧硬貨の店舗での利用は10月15日までで、それ以降は銀行での両替えが必要となる。

英王立造幣局(ロイヤル・ミント)によると、新硬貨は厚さ2.8ミリ、重さ8.75グラム。直径は23.43ミリとこれまでより大きくなった。旧硬貨は回収された後、溶かされて新硬貨に生まれ変わる。

新硬貨は15億枚が流通する予定で、まず国内33カ所の銀行や郵便局に配られる。うちスコットランドが7カ所、ウェールズが3カ所、英領北アイルランドが2カ所。その後、段階的に流通地域が拡大していく見込みだ。

偽造防止策として、縁取り部分にはホログラムのようなデザインや極小サイズのレタリングが施されている。内部には計数機や支払機が硬貨を電子的に認識するための素材が組み込まれているとみられるが、詳細は明らかにされていない。ロイヤル・ミントは新硬貨について、「世界で最も安全な硬貨」としている。従来の1ポンド硬貨は40枚に1枚が偽物とみられている。

市場での流通が始まった新1ポンド硬貨(ロイヤル・ミント提供)

市場での流通が始まった新1ポンド硬貨(ロイヤル・ミント提供)


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融運輸IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

アムステルダム、新築住居の賃貸禁止を提案(03/18)

メイ首相、離脱強硬派とDUPの説得に全力(03/18)

自由民主党、5月に党首選へ(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

インターサーブ、破産申請手続きへ(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独エーオン、ケント州で熱電併給施設を建設(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン