• 印刷する

大英博物館、入場者数で国内9年連続首位

英国の観光スポットの2016年入場者数ランキングで、大英博物館が9年連続で首位に立った。ただ、ロンドン中心部では数十万人規模で来場者が落ち込んだ施設が目立ち、ロンドンがテロ攻撃の「次なる標的」となる可能性が懸念されたとの見方がある。リーディング・ビジター・アトラクションズ協会(ALVA)が27日発表した最新調査で明らかになった。

大英博物館の昨年の入場者数は約642万人と、前年比5.9%減少した。ナショナル・ギャラリーは6%増の626万人超で前年と同じく2位だった。テート・モダンは584万人弱と大きく23.9%伸び、3位に付けている。

ロンドンの観光スポットは全体で0.1%のプラスにとどまった一方、英国全土では7.2%拡大。スコットランドは、181万人超(16%増)が訪れたスコットランド国立博物館を筆頭に全体で15.6%伸びている。

ALVAのバーナード・ドノヒュー会長は、ブリュッセルやパリ、仏南東部ニースなどで発生したテロ事件を受けて、観光客が主要な都市を訪れることをためらう傾向にあると指摘。「国内外の観光客が、ロンドン中心部や中心地にある観光スポットに対する安全上の懸念を抱いている」と説明した。


関連国・地域: 英国フランスベルギー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン