• 印刷する

ロシアで反汚職デモ、野党指導者など数百人逮捕

首都モスクワなどロシア国内の約90カ所で26日、大規模な反政府デモが行われ、反政府勢力の指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏をはじめデモに参加した数百人が逮捕された。複数のメディアが伝えた。

ナバリヌイ氏はかねて、プーチン政権関係者の汚職を強く批判している。3月上旬にはメドベージェフ首相が慈善団体などを通じて賄賂を受け取り、10億ドル以上の隠し財産を所有しているとする告発動画をインターネット上で公開。今回のデモを呼び掛けた。ナバリヌイ氏によると、デモの計画は99カ所で申請したが、うち72カ所で当局の認可が得られなかった。また、国営メディアは今回のデモについて、ほとんど扱わなかった。

当局は、モスクワ・プーシキン広場の抗議集会には7,000~8,000人が参加し、モスクワだけで500人を逮捕したと発表した。ただ人権団体OVDインフォによると、拘束者は少なくとも933人に上ったという。また、インターファクス通信によると、サンクトペテルブルクでは約4,000人がデモに参加し、130人が拘束された。

ナバリヌイ氏は2018年の大統領選挙への出馬を表明していたが、2月に横領罪で有罪となり、立候補が阻止された。同氏は、有罪判決は政治的なものとしている。


関連国・地域: ロシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国の対ロシア貿易、商務省が拡大に期待(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ゼレンスキー大統領、議会の解散を命令(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

ウクライナ、ゼレンスキー新大統領が就任(05/21)

墺首相、極右政党との連立解消=総選挙へ(05/21)

主要産油国、減産体制を維持へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン