• 印刷する

伊「五つ星運動」の支持率、過去最高の32.3%に

イタリアで、欧州連合(EU)懐疑派の新興政党「五つ星運動」が勢力を拡大している。直近の支持率は32.3%と過去最高に達し、2位の与党・民主党に5.5ポイントの差を付けた。伊紙コリエーレ・デラ・セラが21日、調査会社イプソスに委託した最新調査の結果として明らかにした。

レンツィ前首相は2月下旬、民主党内の分裂を防げず、新たに党首選を行うことで党をまとめ直すとして書記長(党首)を辞任。この内紛が響き、民主党の支持率は1カ月間で3ポイント余り低下している。一方、同党を離党した左派の造反議員らが立ち上げた新政党「進歩民主運動」は3.3%にとどまった。中道右派のフォルツァ・イタリアは12.7%、移民や欧州単一通貨ユーロに反対する北部同盟は12.8%だった。

2018年初めに予定される総選挙で民主党が政権を維持できるかについて、市場では懐疑的な見方が広がっている。「五つ星運動」は第1党に浮上する可能性が高いが、他党と連立を組むことを拒否しており、政権樹立の道のりは険しそうだ。


関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イージージェット、アリタリア救済から撤退(03/20)

内相、難民救助船のイタリア入港を拒否(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

欧州委、カルソニックの買収を承認(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ランボルギーニ、豪で販売拡大目指す(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

アリタリア航空救済、米英社が厳しい条件(03/15)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン