• 印刷する

世界最強のパスポートはドイツ=4年連続

市民権取得や移住支援専門のコンサルタント会社ヘンリー&パートナーズが毎年発表する「パスポート自由度ランキング」で、ドイツが4年連続で首位になった。ドイツのパスポートを持っていれば、世界218カ国のうち176カ国にビザ(査証)なしでの渡航が可能だ。

2位はスウェーデンで、175カ国をビザなしで訪れることができる。これにデンマーク、フィンランド、イタリア、スペイン、米国が同率で3位に続き、欧州諸国が強さを見せている。英国は1つ順位と落とし、オーストリア、ベルギー、フランス、オランダなどと並び4位。日本は5位だった。

なお最下位はアフガニスタンで、イラク、パキスタン、シリアも順位が低かった。


関連国・地域: 英国ドイツフランスベルギーイタリアオーストリアスウェーデンスペインデンマークフィンランドオランダアジア米国中東欧州
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、入国時の陰性証明義務化 陸海路にも拡大=渡航国問わず(08/03)

ボノビア、ドイチェ・ボーネン買収額引上げ(08/03)

VW、車載ソフト試験システムの新合弁設立(08/03)

米2社、EU向けコロナワクチンを値上げ(08/03)

アリアンツ、米司法省の調査で業績に打撃も(08/03)

小売売上高、6月は4.2%増加(08/03)

独、越の開発協力に1.4億ユーロ超支援(08/03)

ベルリンで規制反対デモ、警察と衝突(08/03)

FBのヘイトスピーチ削除、独で違法判決(08/02)

自動車部品メーカー、EU新排出目標に懸念(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン