世界最強のパスポートはドイツ=4年連続

市民権取得や移住支援専門のコンサルタント会社ヘンリー&パートナーズが毎年発表する「パスポート自由度ランキング」で、ドイツが4年連続で首位になった。ドイツのパスポートを持っていれば、世界218カ国のうち176カ国にビザ(査証)なしでの渡航が可能だ。

2位はスウェーデンで、175カ国をビザなしで訪れることができる。これにデンマーク、フィンランド、イタリア、スペイン、米国が同率で3位に続き、欧州諸国が強さを見せている。英国は1つ順位と落とし、オーストリア、ベルギー、フランス、オランダなどと並び4位。日本は5位だった。

なお最下位はアフガニスタンで、イラク、パキスタン、シリアも順位が低かった。


関連国・地域: 英国ドイツフランスベルギーイタリアオーストリアスウェーデンスペインデンマークフィンランドオランダアジア米国中東欧州
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアベルリン、9月中に売却合意へ 引受先は2社以上を想定(08/18)

住みやすい都市、欧州首位はウィーン(08/18)

<連載コラム・環境フォーカス>第16回 「2速度の欧州」がEU環境規則に及ぼす影響(08/18)

ダイムラーとBMW、カーシェア統合に進展も(08/18)

インフレ率、7月は改定値も1.3%(08/18)

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/18)

ドイツポスト、フォードと開発の電気バン披露(08/18)

仏のコニャック出荷量、10.2%増加=3年連続(08/18)

シーメンス、ドイツ国内に「e高速道路」敷設へ(08/18)

労働生産性、世界首位はルクセンブルク(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン