オランダ、鉄道運賃が10年足らずで35%上昇

オランダで2008年以降、鉄道運賃が35%上昇している。インフレ率の約2倍のペースで値上がりしている格好だ。地元紙ADと乗客団体treinreiziger.nlの試算を元に、オンライン紙DutchNews.nlなどが報じた。

アムステルダム―ロッテルダム間の往復運賃は2008年には23.1ユーロだったが、現在は30.4ユーロと32%上昇。1カ月や1年間の定期券は25~30%値上がりした。

ただオランダ鉄道(NS)は、2008年以降の値上げ幅は平均25.6%と主張。インフレと鉄道インフラ会社プロレール(ProRail)に支払う線路使用料の上昇分を反映させたに過ぎないと説明している。

オランダでは2008年に公共交通機関用のICカード「OVチップカード」が導入されたが、運賃体系にはほとんど影響を及ぼしていない。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

アクゾ、印で生産増強に400万ユーロ投資(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン